コラム

新車の車検も時期が来たら予約を

どんな車に乗っていたとしても、車検の時期が来ればきちんと受けておかないと公道を走れなくなってしまいます。そのため、誰もがフロントのステッカーや検査証などを見てそろそろ準備しておかないといけないと思っているわけです。基本的には二年に1回受けるようになっているのですが、新車の場合は購入後から三年後に受けることになります。その後は他と同じようなサイクルで見てもらうのです。



車検に出す時は新しい状態であっても他の車と同じように予約をしてから作業をしてもらう事になります。初回ですから部品などの劣化も殆どなく状態もとても良いです。そのため、なるべく少しでも費用を安くしたいと思うのであれば見積なども取りながら不要な部品交換や作業などを進められたりしないように注意したいものです。女性などあまり車に詳しくない人の場合は、予約するお店に関しても購入したお店でそのまま依頼している事も多いですから、誰か詳しい人についていってもらったりする方がいいでしょう。



軽自動車や乗用車などもありますし、今後の付き合いなども考えると購入した店舗の方がいいと思えるのであればそちらでも構いません。新車であっても法定費用などはかかってきますが、これは何年も乗った車でも同じようにかかるので後は24ヶ月点検や代行料などの部分が依頼するお店で変わってくる部分となります。まだまだ新しい車ですから、車検をするとしても本来はそれほど料金はかからないのです。ですから初回を終えた2年後を見据えて検査をしてもらえるようなところを探すのがベストです。



近所でも幾つかお店があるならそちらで見積を取るのもいいですし、インターネットが使えるなら一括で見積を取ってみるのも料金の比較には便利です。料金を比較しながら、自分がどんな所まで作業をして欲しいのかよく感が絵ながら予約する所を決めていきましょう。初回の場合はあまりに過剰な部品交換などは必要ありません。無駄なお金を払うのは本当にもったいないですから、じっくりと時間に余裕を持って業者探しをしてみましょう。代車を出してくれるか、作業は1日で終わって車を戻してくれるのかなどいろんなポイントを見ていかなくてはいけません。



車検は高くて当たり前と思わずに、自分でもっと車の状態に興味を持って相談してみましょう。そうすれば余計なお金を使うことなく、必要な作業だけをしてもらえるスムーズな車検ができるようになります。

次の記事へ