コラム

車検の更新期間がそろそろなら見積を

自動車に乗っている人は何となく二年に一回だからもうすぐ車検だなと思っていつものお店に予約をしたりしていますが、実際にはいつ頃ぐらいから検査を受けることができるのでしょうか。あまり意識されていない事がほとんどですが、有効期間も設定されているので、期間が終了する1か月の間に車検をすれば更新しても期間が無駄になりません。実はそれより前の期間でも作業自体は依頼をする事ができるのですが、その場合は作業をした日から二年間という期間になるのでもったいないのです。



有効期間を見ながらそろそろだと思ったら見積を取ってみましょう。これまでの作業の時の料金の領収書などもあればそれらとも比較をしていく事でよりやすくで作業をしてもらえるお店を探しやすくなります。自賠責保険や重量税、印紙代の法定費用はどこの業者でも同じですが、それ以外の検査費用や申請代行料や基本料などが違う部分になるので、見積を出してもらう事でお店の違いも分かりやすくなります。



昔のように馴染みの車屋さんでちょっと高いけれどもみてもらうという事も多かったのですが、今ではなるべく節約をするという考えの人も増えてきているので、インターネットなども活用しながらたくさんのお店で料金の比較を気軽に行っています。二年に1回とは言え、車そのものが古くなってくると8~10万円ぐらいはかかってきますし、場合によってはそれ以上の価格になる事があります。自動車保険も同じような時期にかかってくる人も多いですから、数十万円の支払いで頭を抱える事になります。



どこでも車検での作業は同じだと思っているかもしれませんが、意外に作業内容は違ってきていたりもします。ディーラーなどは手厚く行ってくれる分交換する部品やしなくてはいけない作業も増えていきますし、販売店などでも比較的いろんな作業をする事が多いです。最近良く見かける安さがうりの専門店などは、できるだけ不要な作業や部品交換はせずに作業料金を抑えるようにしてくれていたりするなど、お店によって方針もかなり違ってくるのです。



よほど時間に余裕がないということがない限りは、出来る限り見積を取るようにしましょう。いつもと同じお店を利用する場合でも、どんな作業をしてその金額になるのかが分かれば、それだけでも安心できます。分からないからお任せしてしまおうとなると高いのは当然です。自分の車の車検なのですから、しっかりと有効期間が終了する前に作業をしてもらって下さい。

次の記事へ