コラム

ユーザー車検の場合の軽車検費用と当日予約について

軽自動車を所有していると、2年に1度(新車登録直後であれば3年後)車検を受ける時期がやってきます。車検期間が切れてしまった軽自動車を使用しますと、法律違反となり処罰の対象となります。ですから、その軽自動車の使用を続けたいのであれば、絶対に車検を受けなければなりません。車検期間は車検証に記載されていますので、確認が必要です。



軽自動車の車検方法としては、ディーラーや車検専門業者に車検の全てを依頼する方法と、自分で軽自動車検査協会に車を持ち込んで継続検査を受検する『ユーザー車検』の2つの方法があります。どちらを選択してもよいのですが、軽車検費用による出費を安く抑えたいのであればユーザー車検を選択するべきでしょう。ユーザー車検では、軽車検費用が自動車重量税(軽自動車では主に5000円から7800円)と自賠責保険料金、そして検査手数料といった『法定料金』のみの支出となり、それ以外の手数料は必要ありません。ユーザー車検のメリットは、このように必要経費を抑えることが出来ることにあります。ちなみにディーラーや車検専門業者に任せた場合の軽車検費用においては、この法定料金以外に車検基本料金といった手数料が必要となってきます。



ユーザー車検を受けるためには、まず予約が必要となります。予約方法はインターネット上にある軽自動車検査協会の検査予約システムで行います。前日までに予約が出来なくても、検査枠に空きさえあれば当日予約も可能です。車検証が手元に置き、画面の指示に従いながら入力していけば、誰にでも簡単に予約を行うことができます。後は予約した日に車を軽自動車協会に持ち込むことになりますが、継続検査ラインを通る前にテスター場で予備検査を受けることをお勧めします。この予備検査は本番の継続検査ラインと同じ内容のものでありますから、予行練習を行うことが出来ます。ここで問題が無ければ、本番の継続検査でもほとんど合格します。その後軽自動車検査協会の窓口に必要書類(車検証、自賠責保険証明書、軽自動車税証明書)と継続検査申請書を提出し、継続検査ラインを通ります。検査に合格すれば、新しい車検証とステッカーが交付され、車検終了となります。ユーザー車検は時間さえあれば誰にでも出来ますが、前述のとおり予約を忘れてはいけません。当日予約も可能ではありますが、検査枠に余裕が無い限り当日予約は受け付けていませんので、前日までの予約が確実で安全でしょう。

次の記事へ