コラム

車検にかかる料金は見積を確認しましょう

車検を受ける際にはまず基本的に見積を取ってから行うことになります。

信用しているディーラー相手の場合などだと見積りを取らずに車検作業を依頼することもありますが、そうしたケースはそこまで多くはないでしょう。

特に近年では業者同士の競争が激化しており、安く、早く車検を行えるというような業者も出てきました。

そうした新しい業者に作業を依頼するのであれば、やはり見積を取ることは必須になります。

しかしなかなかこうしたことをしたことがないと、そもそもどうしてそういった作業が必要になるのかがわからないということもあるでしょう。



ではどうして見積りを取ることが必要なのかというと、最も重要になるのは「料金の概要を知ることができる」からです。

いくらかかるのかということを知らずに依頼が出来るというのは、これまでに何度か取引をしたことがある相手などの場合のみです。

そうした相手であれば前回までの価格の傾向が分かりますから、それだけでもある程度の判断が出来ます。

例えば前回が10万円、その前が12万円、そのさらに前は9万円というような形になっていたのであれば、今回も10万円前後で作業を行ってもらえるだろうとしてある程度の予測が付きます。

あとは実際に作業を行ってもらって、その後で最終的な価格を教えてもらえば問題はないでしょう。

ただ、これまで一回も取引を行ったことが無いような業者が相手だと、そうした価格の見当もつかないということになります。

価格の見当もつかないのに依頼をしてしまったのであれば、そこでいきなり多額の請求が来るかもしれません。

実際に作業をしてもらってから価格を教えてもらったのでは遅いということになりかねません。



しかしここでしっかり押さえておきたいのが、いくら見積が安かったとしても実際はその通りにならないこともあるということです。

これは一見すると奇妙なことのようにも見えますが、最初の段階で提示してもらえるのは自動車に何の問題も無かった時の料金です。

もし実際に車の状態をチェックした際に部品の不調などがあったのであれば、それを修理しなくては車検を通すことが出来ません。

車検を通せないのであれば完了させることもできませんから、そこで追加料金という形で徴収がされることになります。

近年増えてきた安価な業者の中には、最初の金額に関しては安くしておき、最終的な金額になると他の業者よりも遥かに高額になっているということがあります。

そのため金額の概算を知ることは重要であることは確かですが、それが完全な物とは信じ込まないようにして、しっかりと判断しましょう。

次の記事へ