コラム

車検の際の必要書類と手数料について

自動車(普通車及び軽自動車)を所有していると、必ず車検(継続検査)を受けなければなりません。通常、車検有効期間は2年間(新車登録後のみ3年間)であり、その期限が到達する前に継続検査を受けなければ、車を使用し続けることは出来ません。もし継続検査を受けていない車を使用し続けた場合には、法律違反となり罰せられることになります。継続検査を受ける手段としては、ディーラーや専門業者に全てを任せる方法と、自分自身で車を陸運局に持ち込み継続検査を受検する『ユーザー車検』の二つの方法があります。陸運局で継続検査を受検できるのは平日のみですから、基本的にはディーラーや専門業者に依頼する人が大多数となります。しかし、ディーラーや専門業者に任せる場合と、自分で継続検査を受検する場合とでは必要書類と法定費用(必ず必要となる費用)は同じものを用意することなります。では必要な書類と費用にはどのようなものがあるのでしょうか。



車検の必要書類としては、『自動車検査証』、『自賠責保険証明書』そして『自動車税証明書』があります。『検査証』については紛失している場合もありますが、紛失していたとしても、陸運局でその日のうちに再発行可能です。『自賠責保険証明書』は、自賠責保険に加入していることの証明となります。自賠責保険はいわゆる強制保険であり、自動車を所有する人は加入が義務付けられています。よって、自賠責保険に加入していなければ、継続検査を受検することは出来ません。通常は、継続検査の期間と自賠責保険の契約期間は重なります。よって、継続検査を受ける際には自賠責保険の更新が必須となります。添付書類としては更新して新たに発行された自賠責保険証明書となるのです。自動車税証明書についても同様で、自動車税を滞納している場合継続検査は受検できません。その証明として必要となる書類ですが、今は自動車税証明書については添付しなくてもよい場合もあります(納税は必要です)。



車検手数料(法定費用)については、『自動車重量税』と『自賠責保険料金』、『検査手数料』があります。自動車重量税については車種、年数、エコカーか否かによって異なります。細かく設定されていますので、自分の車の重量税がわからない場合には陸運局に問い合わせたほうがよいでしょう。自賠責保険料金は前述の自賠責保険契約更新に必要なものです。また、検査手数料については、継続検査を受ける際に陸運局に支払うものです。このように、車の継続検査を受検するためには、これらの必要書類と法定費用が必要となってくるのです。

次の記事へ