コラム

車検に通らない自動車のタイヤサイズ

車検には様々な点検項目がありますが、タイヤももちろん点検されます。タイヤは数多くある自動車の部品の中でただ一つ地面に直接触れる部分でもあり自動車が走行するという事について一番大事なものです。自動車の車検で実際にタイヤのどういった箇所を点検するのかというと、溝の深さやタイヤサイズなどです。よく言われているようなヒビの入ったタイヤやスリップサインの出ているタイヤであっても実際には車検には通ります。こういったケースで業者さんがタイヤ交換を勧めるのは「今回は通りますが乗り続けたら危険です。」という事です。タイヤの溝も1.6ミリ以上という規定はあるもののきちんと測定するのでは無く目視という事が多いです。



では車検に通らないタイヤというのはどういう物かと言うと、タイヤの溝が無い、ワイヤーが見えているなどすぐにでもバーストなどの危険があるものか、ホイールが車体の外にはみ出しているなどタイヤサイズが明らかに大きい場合と明らかに小さすぎるといった場合です。改造車などでなくとも、ホイールを交換す時に見栄えも良くなるので大きいのもを選択したくなりますが、あまり大きすぎるとNGという事になる場合があるわけです。基準としてはフェンダーとタイヤの間に指2本が入らない、車体から10ミリ以上はみ出している、ホイールがボディに干渉しているといった事がありますが、10ミリ程度のはみ出しであればオーバーフェンダーの装着で通る事が多いようです。このように、あまり極端に大きくしたり小さくしたりしていない限り通る事が多いのですが、その影響でスピードメーターに誤差が大きく生じるという事になれば、タイヤ以前の問題でそれが理由で通らないといったケースもあります。



自動車ごとの基準のタイヤサイズというものは設計上最もその車体が安定して安全に走れるというサイズです。もちろん多少のサイズ変更は走行にも影響はありませんし、車検も問題はありません。ですが、明らかにバランスの悪いサイズ変更というものは見た目のバランスがどうと言う以前に車体のバランスも崩してしまう事が多いので走行にも影響を及ぼすものですし、それによって危険に見舞われる事もあります。前述の通りタイヤは自動車の部品の中でただ一つ地面に直接触れる大事な部分です。ですので、バランスの悪いタイヤというのは見栄え以前、車検以前の問題で公道を走る上では不適切なものだと認識しましょう。

次の記事へ