コラム

ユーザー車検の車検証を再発行する

一般的には、車検は自分で行わずに業者に依頼して通す事が多い物です。しかし、中には車の構造などに詳しい方はユーザー車検をさせる方もいらっしゃいます。その場合、全てを自分で行う為に車検を通して満足してしまう事が多いのです。そして、次ぎの車検の直前になって車検証の行方が分からないと言う方が意外と多いのです。



ディーラーや整備工場にたのむより安いクイック車検が定着してきました。ユーザー車検を利用してきた方でも、ユーザー車検を行わずにクイック車検でお手軽に済ませると言う方が増えて来ているのです。これはクイック車検でしたら、お客様のご都合に合わせて部品交換をしないと車検が通らないという物以外は交換の可否はお客様に決めていただく事で費用を抑えられるからでしょう。



また、先にご紹介しました車検証について、無くしてしまったという相談も増えています。もちろん、車検証は再発行する事が出来ますので安心です。車検証だけでなく、車検には次ぎの3つの書類が必ず必要になりますのでご注意ください。車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車納税証明書の3つです。車検の予約時に、3つ揃っているのか確認するのが良いでしょう。



自賠責の証書を紛失した際は、申し込んだ代理店でなく保険会社に連絡をして再発行して貰います。また、自動車税の証書は管轄する、自動車税事務所または、都道府県税事務所で再発行して貰います。最後に車検証は、陸運局で再発行手続が可能です。車検証にかんしては、即日再発行して貰えるため直前に気が付いた場合でも大丈夫です。しかし、他の2種類は手続に時間が掛かる場合があり、後で良いと思わず気が付いた時に直ぐに再発行手続を行って下さい。車検が近づいていても、車検の予約をしていたとしても3つの書類が揃わなければ車検を受ける事が出来ません。十分注意してください。



また、意外と知られていない法律になりますが車検時に必要な書類は車に備え付けの義務があります。ほとんど無い事なのでご存じの方が少ないものですが、不携帯が指摘された場合には罰則などもかなり厳しくなっています。車検が終わったら速やかに車に戻す事が必要です。また、ユーザー車検を通す方でも、車検に必要な個人では揃えにくい書類があります。この書類は自分で用意する場合も、ディーラーなどの業者さんに依頼する場合も同じ費用がかかるのです。費用が同じという物に関しては、業者に依頼するのも良いでしょう。

次の記事へ