コラム

車検の更新期間が来たら早目の予約を

自動車を自分で取得して利用する場合には、一定期間が経つごとに車検を受けることが決まっています。これはどんな人の自動車であっても変わることはありません。新車であれば購入から三年後に行いますが、それ以後は二年に1回受けることになります。大抵の人はいつ頃受けなくてはいけないのか忘れないように把握していますが、それでも時間が取れずに慌てる事もあります。



有効期限がありますので、自動車検査証の期間満了日までに検査をしてもらってまた新しいものを交付してもらいます。期間満了日の一ヶ月前に受けることが出来れば、満了日からさらに有効期間の分を継続する事ができます。そろそろ作業をしてもらう時期だと思ったら、日程に余裕を持って早めに予約を入れておきましょう。実際はそれより前に受けることも出来たりはするのですが、あまりに早すぎると今度は車検を受けた日から二年間というような有効期間となってしまいますので、よほど自分の日程に都合がつかないという場合以外には更新期間をよく考えておいて、早すぎる予約はしない方がいいでしょう。



最近はいろんなところで車検ができるようになっていますから、どこで予約をするのか良く吟味しておかないといけません。ディーラーや販売店などを利用している人も多いですが、専門店の安さに惹かれてしまうという事も少なくありません。また、少しでも早く車を使いたいからということで早く作業を終えられるところを探している人もいます。自分のニーズに合ったところで作業をしてもらうのが一番ですが、料金に関しては見積を取れるところも多いので予め比較のために取っておく余裕があれば依頼しておきましょう。



誰もが車検の必要性は理解しているものの、本当にうっかりしてしまっていて更新期間も過ぎてしまっていたという事もないわけではありません。殆どの人がきちんと作業を受けるようにしているのでいいのですが、もし切れてしまっているのに公道を走るとこれは罰則がありますので注意しなくてはいけません。乗らずに置いておくのはいいのですが、この状態で運転をすると違法になるのです。この状態になると自賠責保険も切れていることが多いですから、違反点数はそれぞれ6点、罰金は30万~50万円以下、免許停止となります。自動車保険も無効になる事が殆どですから、万が一の事があっても保障されません。更新期間がそろそろだと思ったら、忘れずに予約をして車検を必ず受けましょう。

次の記事へ