コラム

車検前には自賠責なども含めた見積をとろう

自動車に乗る以上は2年に1回車検を行う必要があります。自動車保険なども含めて頭の痛い問題の一つですが、作業をしてもらう前には見積もりを取るようにしましょう。料金を見て高いと思うものの、それで終わってしまってはいけません。見積を取ったら一式などではなくて、どんな内訳になっているのかも確認しておくようにして下さい。



費用は基本料と法定費用の部分に分かれます。法定費用は重量税や自賠責保険、印紙代になりますので、ディーラーや中古車販売店などどの業者であっても変わりのない部分となります。法定費用は諸費用とも呼ばれていることもありますので、隅から隅まで見ておいて下さい。



気になる基本料に関しては、利用する業者でかなり幅が出てくる部分となります。含まれる部分は24ヶ月の点検整備代、検査代、代行手数料からなります。ずっと同じ業者を利用し続けている人の場合はそれほど変わらないだろうと思っているかもしれませんが、見積を取る事で他に安くで仕上げてくれる所を探す事もできます。この基本料ですが、検査をした後に追加で整備代金や消耗部品などの交換などの作業があればその分は別途費用がかかりますので注意しなくてはいけません。



車検時にどんな作業をしてもらうのかは、車に詳しい人でないとどの部品を使ってどのような検査等をしてもらっているのか分からない事が多々あります。最近はかなり安くで作業をしてくれる業者も増えてきていますが、気になるのであれば一度見積を取ってみましょう。安くて逆に驚いてしまって大丈夫なのかと不安になるかもしれませんが、安いのにもきちんとした理由があります。



作業する時には整備士と一緒に説明をしながら車検を進めてくれるところもありますから、そういうところであれば必要な作業なのかそうでないのかも自分で確認したり聞きながらになりますので、不明瞭な部品交換などもないですし安心です。値段を重視するのであれば、取りに来てもらうより自分で出しにいくというような対応ができるところだと車検時の費用も安くなったりします。



安全に車に乗るためには車検は必要な作業ですが、だからと言って業者に言われるがままに高いお金を払い続けるのは本当にもったいないです。節約をしたいと思うのであれば、複数の業者で見積を取ってどんな作業をしているのかという様な事も聞いてから依頼をするといいでしょう。そうすれば無駄なお金も使わずに車検をスムーズに行えます。

次の記事へ