コラム

軽車検費用の相場

軽自動車を所有していると2年に一度の車検時期にはその費用の抽出に頭を悩ますことになります。軽車検費用は普通車ほど高額ではありませんが、それでも数万円必要であり、一度の支出としては大きな金額となります。軽車検費用は大きく分けて二種類に分かれます。ディーラーや専門業者に車検を依頼する場合とユーザー車検、どちらの場合でも必要となってくる費用(法定費用)と、ディーラーや専門業者に依頼した場合に必要となってくる車検基本料です。

車検を受ける際に必ず必要となる法定費用ですが、これは『自動車重量税』、『自賠責保険料』、『検査手数料』の三種類があります。自動車重量税については車種などによって定められていますが、軽自動車の場合ですと2500円から8800円の間での支払いとなります。エコカー減免制度適応無しの軽自動車の場合ですと、製造後13年未満であれば6600円、13年以上であれば7600円となります。自動車重量税は次回の車検までの2年分を同時に支払うことになります。強制加入保険である自賠責保険も自動車重量税同様に2年間分の契約料を支払います。軽自動車の場合は普通車と比べて若干(1000円程度ですが)安く、24ヶ月契約で26370円、25ヶ月契約で27240円の保険料となります。検査手数料は、指定整備工場で整備を受けて保安基準適合証が発行されている場合には1100円。それ以外(ユーザー車検など)の場合には1400円となります。これらが軽車検費用に必ず入る法定費用です。これ以外にも市区町村に納める軽自動車税もあります。

ユーザー車検の場合であれば、法定費用のみの支払いとなりますが、ディーラーや専門業者に車検を依頼した場合には、法定費用以外に車検基本料と呼ばれる業者に対する手数料も支払う必要があります(この手数料が業者の儲けとなるのです)。その相場は各業者によって異なりますが、おおよそ1万円程度と考えておいたほうがよいでしょう。もし軽自動車に異常があり修理が必要になった場合や、タイヤなどの消耗品を交換した場合にはその料金も上乗せされます。つまり業者に依頼する場合の軽車検費用は、修理や消耗品交換が無ければ45000円程度となるのです。この額が軽車検費用の大まかな相場と言えるでしょう。この金額を車検時期までに準備しておく必要がありますが、もし準備できない場合にはディーラーや車検専門業者と提携しているクレジット会社の車検専用ローンを利用することも可能です。

次の記事へ