コラム

軽車検費用はなぜ安いのか!?

車社会の現代。新しく車を購入しようと思っても、気になるのが車の維持費です。

燃料代や自動車税、自動車保険代に駐車場代等、車を利用するに当たって必ず必要となる出費です。

中でも高額になるのが車検費用です。2年に1回(新車は3年後)しか支払わないとはいえ、痛い出費になります。



しかし普通車に比べると軽車検費用は安いです。

そもそも車検は何故あんなに費用がかかるのかというと、車両検査すると同時に税金や保険料等の法定費用を支払っているからなのです。

正直、車検費用のほとんどはこの法定費用が占めています。

普通車検費用(最軽量クラス1.0t未満)と軽車検費用(法定費用)の内訳を提示してみます。

(これらの金額は年ごとに料金の改定が行われているため、必ずしもこの金額とは言えませんが、参考価格としてご覧ください)



【自動車重量税】

 普通車両=約25000円、軽車両=約8800円

 道路の建設や保全に利用する為の税金で、重量が重くなるほど道路の負担が大きくなることから、重い車両ほど税金が高くなります。

 普通車両の場合、重量ごと(0.5t毎に増加)に税額は増加しますが、軽車両の場合一律の金額となります。



【自賠責保険料】

 普通車両=約22000円、軽車両=約19000円

 事故を起こした際に、被害者に最低限の損害賠償を保障を行うための保険です。

 法律によって加入する事が義務付けられている強制保険です。数年ごとに保険料の改定が行われます。

 自動車事故の人身事故のみに対応しているため、物損事故等には対応しておらず、こういった面から任意保険にも加入する費用性が生まれてきています。



【検査手数料】

 普通車両=1700円(3ナンバーの場合1800円)、軽車両=1400円

 車検を受ける際に必要な印紙代です。



これらの費用に加えて、整備工賃代や部品交換費用、代行手数料等が必要となります。

軽車両は普通車と比べると、約23000円程安くなります。

大体10万近くかかる普通車検費用に比べて、軽車検費用は4~5万円と半額の出費になります。

こういった維持費の安さが軽車両の人気の一つにもなっています。

そして近頃の軽車両は車種によってはコンパクトカーより室内も広く、かつ燃費も良く、小回りが利くという良いことづくしのため、軽車両における人気の高さが急上昇しています。



普通車を利用していて、そろそろ車を替えようかなと検討している方は、車検費用等の維持費も念頭に置いて車選びをしましょう。

次の記事へ