コラム

車検時の必要書類と保険について

車検は、ディーラーや整備工場などで依頼する方法と、ユーザー自らで受ける方法があります。どちらの方法で車検を受けるかによって必要書類が変わってきますが、一般的にはディーラーなどで依頼して受ける人が多いでしょう。

そこで、業者に依頼する場合の必要書類を確認してみます。



業者に依頼するときの必要書類は、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書になります。

車検証と自償責証明書に関しては自動車に積んでおくのが原則です。もしも紛失してしまっている場合は管轄の機関や会社で再発行してもらうこともできます。

自動車納税証明書は5月末までに支払っていれば、その際に半券を受け取っているはずです。領収書の半券ではないので注意しましょう。無いのなら、普通車以上なら税務署、軽自動車なら市役所でも発行してもらうことができます。

また、印鑑は必要になるケースとならないケースがあるので一概ではありません。必要な場合は認印で構わないでしょう。

何が必要なのかよく分からない、また、不安な場合は事前に依頼する業者に尋ねておくことをおすすめします。



さて、勘違いしやすい点でもある自賠責証明書についてですが、自賠責証明書とは、いわゆる強制保険のことです。任意で加入している自動車保険ではないので注意しましょう。

自賠責は車検を受ける際に更新してもらうことができるので個人で更新手続きをする必要は原則ありません。加入自体は自動車購入時に契約するのが義務なので、契約していないということは基本的にはありませんし、これまでにきちんと車検を通している以上は契約できているはずです。

もしも契約できていないのなら直ぐに契約しましょう。契約しないまま公道を走行すると、罰金や禁固刑などの刑事罰が科せられ、また違反点数も取られてしまいます。一発で免許停止、これまでの違反点数によっては免許取り消しもあり得るので気を付けなくてはなりません。



こうした書類が揃っていないと検査を通すことができません。また、納税証明書に関しては自ら用意できなかった場合に手数料を払うことで業者に用意してもらうこともできますが、余計な費用がかかってしまいます。

そういったことを踏まえると、やはり事前に書類を準備しておき、検査に備えるのがいいでしょう。

検査の時間は業者によって違いはあるものの数時間~1日程度でできるものなので、期限が切れる前に検査を受けて安全に走れるようにしておいてください。

次の記事へ