コラム

自動車と軽自動車は車検内容は同じでも費用が異なる

自動車(普通車)あるいは軽を所有していると必ずやってくるものが車検(継続検査)の期間です。通常は2年間の期限が設けられており、この期間を越えて車を使用するためには継続検査を受検が義務付けられています(車検切れの車を使用した場合は違反となります)。ですから、使用を続けるためには期間内に継続検査を受ける必要があります。これは普通車も軽も一緒です。



では、自動車と軽自動車の車検に違いがあるのかと言いますと、継続検査申請先及び継続検査受検場が異なるだけで検査内容そのものはほとんど一緒となります。ちなみに普通車の場合には申請先及び継続検査受検場所は国土交通省管轄の陸運局となります。また、軽の場合には軽自動車検査協会が申請先及び受検場所となっています。車検を受ける場所が異なるだけで、検査内容はどちらも同じことを行います。その検査内容は、ディーラーやユーザー車検どちらも同じとなりますが、ヘッドライトやブレーキランプ、方向指示器(ハザード)とクラクション、ワイパー作動の確認から始まり、継続検査ラインでは前後ブレーキと駐車ブレーキの確認、スピードメーターのチェック、ヘッドライトの光軸確認。そして足回りの確認と進み、最後は排気ガスを調べて終了となります。検査方法と内容は普通車も軽も全く一緒なのです。また、継続検査の際に必要な書類についても同じことが言え、『自動車検査証』と『自賠責保険証明書』といった書類が必要になります。



費用についてもほとんど同じ内容となります。『自動車重量税』と『検査手数料』、そして『自賠責保険料』が継続検査に必要な法定費用として挙げられます。このうち、検査手数料(指定整備工場で点検整備を行い保安基準適合証が発行されている場合も含む)と自賠責保険料については普通車と軽はほぼ同じ金額となります。残る『重量税』についてですが、実は普通車と軽の一番の違いはこの重量税の金額の差にあるのです。軽の場合では、自動車重量税は2500円から最大8800円と1万円以下の金額で設定されています。一方、普通車の場合には車種やエコカーであるか否かによって異りますが、数万円かかるケースがほとんどです。自動車税についても重量税と同様であり、普通車と軽では圧倒的に軽自動車税のほうが低く設定されています。このような車検費用と税金といった経費面が安く抑えられるといった理由で軽に魅力を感じ、購入する人は多いのです。

次の記事へ