コラム

車検にかかる費用を最安にするには

車を持っている人なら、誰でも二年に一度車検がやってきます。だいたい安くても10万円以上かかることが普通で、この時期が来るたびに憂鬱になる人も多いでしょう。少しでも費用を安く抑えたいところですが、やり方によっては最安の方法や業者を見つけ出すこともできます。



一番安く済ませる方法としてよく言われているのが、ユーザー車検にするというものです。これは、必要書類の作成や細かな部品の検査、申請などあらゆる項目を車のオーナーが自分で行うことを言います。これなら様々な料金は発生せず、法律で定められた費用のみ負担すれば良いことになります。ただ、車や整備に詳しい人なら可能ですが、ごく一般の素人がやるとなると現実的ではありません。時間も労力も非常にかかるうえ、点検や検査を確実に行う知識が足りないため安全面でも心配が残ります。このため、一般的には車を買った時のディーラーや近所の整備工場などプロの業者に依頼することになります。



もし少しでも安く済ませたいと考えるなら、決してディーラーに依頼してはいけません。ディーラーはその車の専門店ですから、細かな点までしっかりと点検してくれ、安全面でも格段に信頼がおけます。しかし、その分どうしても料金が高額になりがちです。場合によっては、安い業者に依頼した場合の倍近くかかってしまう事だって珍しくありません。



そこでまず行ってほしいのは、インターネットなどで複数の業者に見積もり依頼をすることです。最近では規制緩和が進み、数多くの業者が車検業務を行えるようになってきました。地道に1件1件電話をかけて料金を確認して、見積もり予約を取ってという事をしていては、時間がいくらあってもたりません。インターネットには様々な業者に一括で見積もり依頼を出せるサイトもたくさんあるので、こういったサイトで効率よく最安費用の業者を探すことができます。自分の住んでいる場所の近所を中心に探すのも良いですが、それにこだわらず探した方がより安い業者が見つかります。最低でも3件は見積もりを取るようにし、値引き交渉なども勇気を出してやってみましょう。数千円程度ですが値引きに応じてくれる業者も結構いるので、ダメもとで交渉してみるのがおすすめです。ただ、車検は車に安心して乗るために必ず必要なことなので、安いからと言って実績や評判の良くない業者には依頼しないようにしましょう。安く、それでいて信頼のおける業者を見つけることが大切です。

次の記事へ