コラム

ユーザー車検の予約方法について

自動車を所有していると、必ず2年に1度車検(継続検査)を受けなければならない時期が訪れます。継続検査の期限が切れた自動車をそのまま使用すると違法となってしまいますので、期限が切れてしまう前に継続検査を受検しなければなりません。継続検査を受検する方法としては指定整備工場があるディーラーや専門業者に全てを任せる手段と、陸運局や軽自動車協会などに自動車を持ち込んで自分で継続検査を受ける『ユーザー車検』の二つの手段があります。指定整備工場があるディーラーや業者に任せる場合には、自動車を持ち込む日時を連絡することで申し込み完了となりますが、ユーザー車検の場合には自分で継続検査受検申し込みを行う必要があります。



普通車のユーザー車検の予約は、インターネット上にある国土交通省の『インターネット予約システム』上で行うことになります。手元に検査証を置いて、画面の指示通りに操作をしていきます(アカウント登録が必要となります)。ここでは、氏名と車のナンバー、そして車台番号を入力していきます。継続検査を受ける日時を選択する必要がありますが、午前中二つ、午後二つのラウンドから選びます。初めて継続検査を受ける人の場合には午前中のラウンドを選択したほうが得策です。午前中のほうが午後よりも空いている点、そして継続検査時に異常がみつかり、再検査で時間がかかるようなことがあっても、最悪午後の部があるからです。予約完了後には、選択した日時に自動車を陸運局に持ち込むことになりますが、テスター場で予備検査を受けることを前提に、指定時間よりも1時間以上早めに到着したほうがよいでしょう。



軽自動車のユーザー車検の申し込み方法は普通車と場合と若干異なります。まず、普通車ではインターネット上のみしか扱ってくれないのに対して、軽自動車の場合はインターネットはもちろんのこと、電話での申し込みも可能となっています。また、継続検査の受検場所は陸運局ではなく軽自動車協会となります。さらに、前日までに予約をしていなくても、継続検査の枠に空きがある場合に限り、当日申し込みが可能となっています(もちろん、事前申し込みが優先となっています)。なお、インターネット上での申し込み方法は、軽自動車協会の『検査予約システム』で行うことになりますが、基本的な操作は普通車の場合とほとんど同じとなります。なお、普通車、軽自動車どちらも2週間前から予約が可能となっています。

次の記事へ