コラム

車検の見積もりはしっかり比較しましょう

車検を受ける際にはそれなりに高額な費用がかかってくる事になります。

おおよその場合は車検の手続きを代行するための手数料や検査技術料を含めた基本料に、それぞれの自動車のモデルなどで加算される重量税や自賠責保険代といったような部分を含めた法定費用が加算された料金が加算されたのが最終的な費用となるのですが、使っている車によっては10万円以上の費用がかかってくる事も多いため、自動車ユーザーにとっては手痛い出費となります。

しかし法律で定められている以上無視をすることもできませんから、車検を受ける際にはディーラーや自動車修理工場などから見積もりを受け取って作業を依頼することになるでしょう。

さて、しかしながらこの費用はしっかりとチェックすることが重要になります。

先ほど述べたように見積もりに提示される価格は基本料と法定費用の二つの合算ですが、そのうち基本料の部分に関してはそれぞれディーラーや工場などがある程度自由に決めることが出来るからです。

もちろん無料で行ってもらうことは無理な話でしょうが、例えば「普段から利用しているから」ということで割引をしてもらえる可能性はあるのです。

また業者間の競争の結果として他社よりも基本料部分を安くしている場合などもありますから、そうしたところを見逃さないようにしなければ安く手続きを完了させることもできます。

そしてそこで重要なのが見積もりの比較なのです。

例えばディーラーなどの場合は自動車のその時々の最高の性能を引き出すために必要であろうと考えられるメンテナンスを、事前に基本料の部分に含めているというようなことがあります。

例えば各種オイルの交換や消耗部品の交換などがそれに含まれるのですが、そうした費用を加えていくと単純な法定点検と手続きだけを行う場合よりも高額になるでしょう。

しかしこの中には当然「次回の点検時に交換でも大丈夫」というような部分も含まれている可能性が高いわけですから、そこを除外していくとディーラーの高価な車検でもかなり割安にすることが出来るようになるわけです。

また別の業者の価格を伝えてみることで、その業者の価格との差の理由を説明してもらったり、差を少しでも小さく出来ないのかということについて尋ねたりということもできるでしょう。

もちろん車検はただ法律で定められている検査だから仕方なく受けるものというわけではなく、しっかりと何故行うのか、どうして必要なのかということを考えておく必要はあります。

ですが最終的にお金を払うのは自動車のオーナーである自分なのですから、しっかりと費用を比較して、より安くするにはどうすれば良いかということはしっかり押さえておきたいポイントになるのです。

次の記事へ