コラム

車検にかかる時間について

2年に1回やってくる車検は、自動車に乗り続けるなら避けて通れないものとなります。昔は作業を依頼したら2~3日ほどは戻ってこなかったものですが、最近はかなりスピーディーに作業をしてくれる業者も増えていますので、少しでも早く車を戻して欲しい時にはそうした業者を探して依頼をするといいでしょう。



よくテレビなどで、1時間や30分車検というような宣伝を見かけて驚いた人もいるのではないでしょうか。これまでは一般的に作業をするとなると24ヶ月の法定点検を行って問題がなければ検査に出かけ、それもクリアすれば保安基準を満たしているので新しい検査証を手に入れるという流れになっていました。最近見かけるスピーディーな業者に関してはいろんな方法で作業をしているため、かなり早く終わらせてくれるのです。



いろいろと業者によっても違ってくるのですが、車検の検査自体は15分前後で終わる事が殆どです。後の整備をどれだけ手早く済ませられるかということにかかってきますが、早い業者であれば一台に何人かの整備士がついてあっという間に作業をしていたりする事もあります。一人でやれば当然ながら作業も多いので日数も必要となりますが、複数人でやれば作業も早くなるのは一目瞭然でしょう。



それなら短時間で終わらせてくれる業者で依頼してみようと思う人もあるでしょう。けれどもいつでもどこでも作業してもらえるというわけではありません。早く終わらせるためにはきちんと工程の管理もしなくてはいけませんので、予約が必須になっているところも多いです。自分の予定もあるでしょうから、そろそろ車検をしなくてはいけないと思ったら見積を取るのと同時に料金や作業内容にも納得できるのであれば早めに予約をしておきましょう。いざ自分が利用したいと思った日程に予約が出来なければ、結局いつもと変わらず日数がかかってしまって大変な思いをする事になります。



それに、整備の時に不具合などが出ればその時は多少必要な時間は前後しますのでそれは了承しておきましょう。自分の大切な車ですから、長く安全に乗り続けていくためにはきちんと整備をして消耗品なども必要なものは交換しておいた方が自分でも安心できるでしょう代車も用意してくれることが殆どですが、やはり自分の車が早く帰ってくるほうがいいものです。予約や見積の時には、いつぐらいで車を返してもらうことができるのかもよく話し合いながら利用するところを決めましょう。

次の記事へ