コラム

ガソリンスタンドでも車検ができます

自動車を持っている人であれば、2年に一度の車検をどこでしようか時期が来れば考える事となります。ディーラーや販売店などいろんなお店で作業はしてもらうことができますが、ガソリンスタンドでも依頼をする事ができるのです。これまではただ単に給油をしたりちょっとしたオイル交換などをお願いするぐらいだという印象だったかもしれませんが、最近は整備士を積極的に配置している所も増えてきていますから、車検をしてみませんかというように声を掛けられた事もあるかもしれません。



依頼をすれば何かおまけでもらえたり、ガソリン代を安くするというような特典などもスタンドによってはつけてくれたりもしますので、やってみようかなと思う事もあるでしょう。そういうときにはまずこちらでも見積を取ってみるようにしましょう。料金に納得できたら作業の依頼をお願いする事になりますが、約1日かかるので引き取りに行く際の時間は確認しておきましょう。これまで他の所で自分の車を見てもらっていた人には、どちらがいいのかと思う事もあるでしょう。



メリットに関しては、比較的作業にかかってくる料金が安くなる事が上げられます。法定料金は税金になるのでどこで依頼しても変わることはありませんが、各作業に関する料金は安くなる傾向になります。受け付けている時間も長いですし、作業できる車種に関してもかなり幅広く取り扱っているので相談がしやすいのも特徴です。それに、いつも出かけているガソリンスタンドであれば慣れていますので、気軽に作業をしてもらえるというのもいいものです。ただし注意したい点と言えば、スタンドによって常駐している整備士の腕がまちまちなので、点検整備の質そのものはディーラー等よりやや劣る可能性もあります。



車検を行う時の流れも、これまで依頼してきた時と同じように、見積を取って納得できたら日程を決めて作業に出すというだけですからとても簡単です。もしも代車の利用を検討しているのであれば、作業に出す予約の際に用意してもらえるかどうか相談をしておきましょう。用意しておく書類に関しても、検査証や自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、認印が必要となります。フロントガラスなどの時期を見てそろそろだと思ったら、気軽にガソリンスタンドに相談をしてみましょう。自分の利用しやすいお店で車検ができるのですから、その点でも安心して作業をしてもらうことができます。

次の記事へ