コラム

自分で行う車検の予約の方法とは

車検は、自分で検査場に持っていく場合でも予約が必要となります。方法は、インターネットと電話という二つの方法があります。

普通車の場合には、受ける陸運支局、軽自動車の場合、軽自動車検査協会に予約を入れます。

ディーラーや民間整備工場などで以来した場合は、業者がそれぞれ行ってくれます。

車検の予約を行う際には、検査を受ける2週間前からすることができますが、車体番号などが必要となるので、自動車検査証が手元においてあればスムーズに行うことができます。

また、インターネットから行う場合、IDやパスワードの登録が必要となり、画面の指示に従って入力することになりますが、簡単な作業となっております。

電話で行う際には、普通車ではできなくなっておりますが、軽自動車の場合には、軽自動車検査協会に電話を入れて行うことができます。アナウンスにしたがって番号を入力すれば行うことができます。

有効期限の一ヶ月前から受験することができます。混雑する場合が多い時期として、週末や月末で、年度末、3月、7月、9月は特に混雑するため、混雑する期間を避けるとスムーズにことが進みます。

ディーラーや民間整備工場でやってもらう際にも、余裕を持っておくことがお勧めです。

また、有効期限が過ぎてしまった場合には、有効期限が切れた際には、運転することができないため、仮ナンバーをとったり、レッカーなどで移動させる必要がありますが、あまりにも早く行ってしまうと、行ったあと2年間有効となっているため、早めに受けすぎてしまうと、受けたその日から2年間の有効期限となってしまうため、早めに受けてしまうとその分損をしてしまうため、一ヶ月前くらいが丁度よくなります。

あまりにも遅い場合には、混んでいてやってもらうまでに有効期限が切れてしまうなんてこともある可能性があるため、なるべく有効期限に余裕を持って行動することがお勧めです。

また、自分で受ける際にはあらかじめわかっているところは直してから受けると手間が省け、検査に落ちることを防ぐことができます。

また、初めて自分でユーザー車検を行うときには午前中から行ってもらうことがお勧めです、午後より少しすいていることと、再検査で手間取ってしまった場合でも午後の部で行うことができるため、その日のうちに終えることができます。

なるべく有効期限ぎりぎりまで待つのではなく、しっかりと余裕を持って行えば早めに済ませることができるため、余裕を持って行うことがとても大切です。

次の記事へ