コラム

車検の料金を比較する

車検を受ける時に最も気になることと言えば料金でしょう。このことに関しては検査を受けるところによって検査費の総額が違ってくることにあり、いかに安い費用で車検を受けることが出来るかを考えれば、料金によって比較することが重要になります。



検査費用が受けるところによって違ってくるのはなぜかというと、検査費用の総額にはまず重量税や自賠責保険料などの法定費用が含まれます。この法定費用に関しては車種によってかかる金額は違ってきますが、どこで検査を受けてもほぼ固定された金額になります。検査を受けるところによって金額に差が出るのは、法定費用以外の整備費や代行手数料などがかかるためです。



代行手数料は検査を受けるところによっては、申請手続きを代行することにより必要になってくるのですが、どこでも必要なものではなく、手数料が発生しないところもあります。車検が受けられるそれぞれのところを比較して、手数料の発生しないところを選ぶと、より安い費用で検査が依頼出来ます。



整備費に関しては、修理が必要な個所によってかかる金額が違います。ただ点検から修理のすべてを任せて検査を依頼するとなると、ユーザー側が把握していない個所の部品交換や修理などの整備になり、思った以上の金額が必要になることがあります。



そこでユーザーの立ち会いを行う検査を実施することで、ユーザーが納得のいく個所の修理や部品交換を行い、必要最低限の整備が出来るように検査がすすめられます。これによって現在は不要となる個所の整備までは行わなくなるので、時間的にも費用的にも負担が軽減されます。



その場で立ち会うことによって、検査に時間がかかるために代車を手配するといったこともなくなります。ユーザーの判断により整備が不要であれば、その場で検査が完了します。あらたな整備が必要になった時はその場で行うか、状態によっては後日整備が行われます。



整備が必要な個所については、まず点検が終わってから見積もりを提示します。ユーザーは見積もり金額を確認しながら、整備の依頼を行います。修理に部品が必要になる場合、部品代は通常修理の時と変わりませんが、車検時に同時に修理を行うことで、その分工賃が安くなります。簡単な消耗部品であれば部品代のみが必要で工賃に関しては無料になることもあります。車検と点検整備を別で行うことも出来ますが、この場合は工賃が整備工場の方で別途必要となるので割高になっています。

次の記事へ