コラム

自分で行う軽自動車のスピード車検

自動車を所有し、それを使用し続けるのであれば2年に一度(新車登録後のみ3年)の継続検査を受けることは必須条件となっています。検査期限を過ぎている状態では公道を走行することは出来ません。これは軽自動車も例外ではありません。やはり2年間の検査有効期間が設定されていますので、続けて使用していくには継続検査を受ける必要があります。基本的には検査有効期限の最終日までに継続検査を受けるわけですが、中には検査有効期限の直前あるいは当日であった、または既に期限を過ぎていたということもあります。そのような場合にはすぐに車検を受けなければなりませんが、ディーラーや整備工場などの『スピード車検』は検査そのものが当日即座に出来るだけであって、継続検査書類申請は後日行われる場合があります。



もし、検査有効期間の当日に急いで車検を受けたいのであれば、自分で継続検査を受けることが一番のスピード車検と言えるでしょう。このように自分で継続検査を受ける方法は一般的にユーザー車検と呼ばれています。自分で継続検査を受けるにはインターネット上の予約システムあるいは電話で予約をしなければなりません。本来であれば前日までの予約が望ましいのですが、当日予約も可能となっています。また、予約せずに検査場に行ったとしても、当日の継続検査予約枠に空きがある場合に限り、その場での継続検査申込が可能です。ただし、予約枠に空きがあるかどうかということは、その場でしかわかりませんので、出来ることなら予約をしておいた方が確実です。予約後は必要書類(検査証、自賠責保険証明書、軽自動車税証明書)と法定費用(自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料)を準備して検査場である軽自動車協会に車両を持ち込みます。すぐに検査を受けたいところですが、本番の継続検査を受ける前にテスター場にて予備検査を受けておいたほうがよいでしょう。予備検査は本番の継続検査と同じ内容の検査を模擬的に受けることが可能となっています。ここで問題が無ければ本番の検査でもほぼ合格しますし、万が一異常が見つかったとしても、軽微なものであればその場での調整が可能です。予備検査後に本番の継続検査を受け、合格すれば新しい検査証とステッカーが交付されることになります。検査時間は混み具合にもよりますが20分から30分程度です。よって、当日午前中に予約すれば、午後には新しい検査証が交付されることになります。これが最速のスピード車検となります。

次の記事へ