コラム

ユーザー車検だから安心

車検はどこに出す



車を所有していると、自家用車の場合であれば2年に1回は国が指定する車検を受けなければなりません。車検をしてくれる業者は多くありますが、その中でどこで車検を受ければいいか迷うということも多いのでは? 車検に出すときの一番の決め手としては、「車検にかかる費用」という人は多くいるでしょう。車検に出すときにかかる費用は、少しでも安いところに出したいものです。

「できれば少しでも安い費用で車検を受けたい」と、様々な業者に見積もりを出してもらう方も多いでしょうが、一度見積もりを出してもらうと、「丁寧に見積もってもらったから、結局高い費用でも受けざるをえない」という雰囲気になることもあり、ついつい無駄な出費になってしまうことも多いはずです。

そこで、「お手頃価格で車検を受けたい」という方におすすめなのが、ユーザー車検です。あまり馴染みのない制度かもしれませんが、実は専門の業者に車検を依頼するよりも、かなり安価な値段で車検を受けられます。

もちろん、新車や中古車を購入したディーラーで車検を依頼するというケースも多いですよね。ディーラー車検は安心感もあり、2年に1度のことなので何も考えずにお任せしているという方は多いでしょう。ただ、タイミングによっては「お財布事情」が苦しいときもあるのでは? 「良いサービスで、すべてディーラーにお任せする」という方にとって、車検代は「必要経費」として諦めることも多いでしょうが、ユーザー車検であれば手間と引き換えに費用はかなりお得です。

そもそも車検は、「安全に走行できるかどうかの基準」を確認する検査です。ですので、エンジンが傷んでいれば車検は通りませんし、タイヤの溝が基準よりもすり減っていても、車検が通ることはありません。ディーラーや業者にお任せすることが多いのは、こういったエンジンのトラブルや、タイヤの交換が生じた時の、「交換や修理の面倒さ」を解消することからです。

問題は、そこで発生するパーツ代や、技術料です。また、車検をディーラーや業者で任せるということは、運輸局での登録など、すべてを委任するということなので、技術料や整備費用に加えて、事務手数料なども発生してしまいます。

この費用をできるだけ安く抑えることができれば、車検費用全体を安く抑えることができますよね。

ユーザー車検とはそもそも、「自動車の使用者が自ら運輸支局等に車両を持ち込んで検査を受ける」ということですので、検査基準さえクリアしている状態の自動車であれば、ほぼ事務手数料だけで済むこともあります。

そうは言っても、「車検に通るかどうか」は素人目で分からないという方も多いので、最近では「ユーザー車検代行業者」が増えてきています。



ユーザー車検はどのような工程か



いざ自分自身で車検を受けようとしても、ブレーキキャリパーが傷んでいるかどうかや、エンジンクーラーが正常に起動しているかどうかは、業者に見てもらうほうが確実です。

もちろん、普段から車のメンテナンスを自分自身でしているという方は別でしょうが、一般的にはボンネットすら開けることはないという方が多いですね。そんなときに、「ユーザー車検代行業者」であれば、“必要最低限”の修理をしてくれるので、メンテナンスをしてもらった後は、運輸局で自ら車検を通すことになります。「車検だけを通したい」という状況であれば、かなりリーズナブルな価格で済む制度です。

たとえば、ディーラーに出せば十数万円の車検費用が必要な場合でも、ユーザー車検であれば数万円で済むことも珍しくありません。

費用面だけを考えれば、ディーラーで車検に出すということはかなり損をしているということになります。

また、ディーラーや一般的な業者とは違い、車検だけを通す業者は時間をかけずに自動車の状態を合格基準にまで整備してくれます。



今後の車検について



ただ、このユーザー車検は、「車検が通った後、余裕があるタイミングできちんと安全な走行ができるように整備する必要がある」という約束が前提です。車検が通っても、整備不良で事故を起こしてしまえば、より費用がかかってしまうのは当然ですし、何より重要視すべきは安全面です。

ですので、最近の車検代行業者は、安全面を限りなく重視して、余計な付加価値をつけたサービスは提供しないという業者が増えてきています。

ディーラーであれば、ユーザーの「快適さ」をプラスして整備することも多いのですが、今後は、「安全面に加えて、どれだけリーズナブルな価格で車検を通すことができるか」といった業者も増えてくるでしょう。

ディーラーでのサービスは、確かに高級感すらあります。ただ、不要だと思っているサービスまで「技術料」や「サービス料」として取られることが不本意だと感じている方もおられるかもしれません。手間を考えればディーラーほどの快適さはありませんが、費用に関してお得感があるのが、ユーザー車検のいいところです。

「整備したばかりで、特にディーラーや業者に任せる必要がない」という方も、一度ぜひ、新たな車検の形を試されてはいかがでしょうか。

次の記事へ