コラム

軽車検費用について

軽自動車にかかる車検費用について



軽自動車の車検にかかる費用と言うのは2種類存在します。軽自動車を購入するという人や、もうすぐ車検だという人は、軽自動車検についてあらかじめしっかりと調べておくようにすると、車検時にスムーズに検査を受けることができます。

まず、軽自動車の車検にかかる費用として、2種類あると述べましたが、具体的に説明をすると法定費用と点検整備費用になります。この二つについてはどこに行っても必ず必要になってきますので、用意をするようにしておきます。この二つの内容について細かく紹介します。



法定費用と点検整備費用については、どこの車検会場に行ったとしても必ず支払わないといけない費用になります。この2種類については自賠責保険料や自動車重量税、検査手数料があります。車検を受ける前にはしっかりといくら必要になってくるのかについて調べておくようにしましょう。

まずは自賠責保険料について説明をします。軽車検費用には自賠責保険料が必要ですが、これは月々たまっていく費用になりますが、基本的には車検時に何か月分かの費用を支払うことになります。新車を購入する時と中古車を購入する時では、少々料金も変わってくるかと思いますので、あらかじめ調べておくといいと思います。



次に自動車重量税についてですが、これは名前の通り、車両の重量に対してかかってくる税金です。重量税は車によって変わってきますが、軽自動車の重量は少ないにせよ、それなりに費用が掛かりますので、前もって調べておくようにしましょう。また、自分の車がエコカーかどうかによっても変わってくるため、正確な額というのは分かりませんので、車検を受けるところに問い合わせてみるといいでしょう。

その他にも点検整備費用がありますが、これは車検を受ける場所によっても変わってきますので、次の記事で詳しく説明します。



点検整備費用について



先程も説明しましたが、軽自動車検にかかる費用には法定費用と点検整備用があります。点検整備費用は、どういうものかというと、車検を所有者に変わって業者が受けてくれる際にかかってくる費用になります。この費用は業者によって値段にかなりのバラつきがあります。そこでどんな理由によって値段が異なってくるのかということですが、具体的にいうと場所だけではなく、部品によって変わったり、何ヵ所修理するのかによっても費用は変わってきたりします。こうした部分に関しては所有者によって変わってきますので、車検時に業者の方に相談をするといいと思います。



主に、点検整備を行うことができる場所は3種類あります。それはディーラーで受ける方法や整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドなどの場所で受ける方法、自分で車検を受ける方法などがあります。これらは場所によって大きく金額が変わってきます。

まず、ディーラーで受ける場合ですが、費用は中でも一番高いです。費用面では高くなるかもしれませんが、やはり安定した安心感があるので、多くの方はディーラーで受けているという場合が多くなります。

次に街の整備工場やカー用品店で受ける場合ですが、これはディーラーよりも料金は安く抑えることができます。また、場所によっては一日以内で点検が完了し、整備保証を付けてくれるところもあります。信頼感もあって、料金も安く抑えることができます。

次に自分で車検を受けるという場合ですが、この場合は一番料金を安く抑えることができます。しかし、車に関して知識がある方でないと難しい為、一般の方には向かないかと思います。



このようなことから、やはり街の整備工場などで受けることがトータルで見たときに安心できます。軽車検費用は、どこでも一緒というわけではなく、場所によって費用も大きく変わります。人それぞれの条件があるかと思いますので、これに関しては所有者の考え方によります。



軽車検費用はすべて同じではない



今回は軽車検費用について、どのくらいの費用が掛かるのかについて説明しましたが、具体的に車検にかかる費用というのは、たとえ軽自動車だからといってすべて同じではないということです。

特に、点検整備費用については、どこで整備をしてもらうのかによっても費用は変わってくるので、どれも同じ料金というわけではなくなります。

また、それぞれの業者によって、サービスに違いがあったり、所有している車の年式によっても料金は変わってきたりするので、すべて同じ料金ということではなくなってきます。



これから車検を出そうと考えている方は色々と悩むかもしれませんが、自分がどういった条件のところで受けたいのかについてあらかじめ決めておくと納得のいく車検を受けることができます。

早く済ませたいのか、料金を安く抑えたいのか、また保証があった方がいいのかなどによって、受ける場所も変わってきますので、あらかじめ調べておくようにしましょう。

次の記事へ