コラム

これがあれば大丈夫!車検の必要書類

車検について


特定の自動車やオートバイを所有している場合には、一定期間ごとに国が検査を行う制度があります。これが自動車検査登録制度と呼ばれているもので、日本国内でこれらの自動車等を所有する場合には必ず検査を行うことが義務付けられている制度です。一般的には車検と呼ばれているもので、この時期が来ると検査を行うのか車を買い替えるのかの選択を行うことになります。

現在日本国内では、交通公共機関の利便性が進んだ地域以外では車社会となっています。家庭によっては、1人1台所有することもあるほど、地域によっては必要不可欠なものになります。継続検査を行うことで使用している自動車等の有効期限を延長することができる制度で、時期が来ると国ではなくディーラーや以前にこの検査を行った修理屋等から案内がきます。この検査を行う有効期間に関しては、自動車の種別や用途によって異なることになり、一般的には新車の初年度は3年それ以降は2年となっています。

この検査を行うことは車の安全基準を定期的に確認することができる以外に、大きな目的があると考えることができます。それが、検査を行う費用以外に必要な費用が存在するからです。この必要な費用を徴収するために定期的にこの検査を行うことで必要な費用を確実に徴収することができるといえます。この検査を行う場合には一般的に検査費用以外に法定費用を徴収されることになります。

この法定費用が徴収すべき必要な費用となっており、この費用を徴収するために検査が行われているのではないかと考える人もいます。この検査を行うことで、自動車等の安全性が必要最低限の基準に達していると判断することができ日本国内の道路を利用することができます。

法定費用


車検を行うときに必要な費用の中で法定費用の存在があります。この費用を支払うことは、検査を行うときに支払うことになるので、この時に必ず必要な費用となります。この法定費用の中に重量税があります。これは、2輪自動車に該当するバイク以外の自動車等がこの検査を受けるときに支払う費用となります。この重量税は、車検の時に支払う日本の税金に該当し本来の目的は道路特定財源として運用されているものになります。現在は道路特定財源が一般財源化されましたが、継続されて課税されており日本国内の道路整備等に利用されることを目的として徴収されています。

法定費用では徴収されるべきものとして自動車賠償責任保険と呼ばれる自賠責保険があります。検査等を行うときにその検査機関に対して支払う保険のことで、必ず加入する義務があるため強制保険とも呼ばれているものです。この保険の目的は、日本の道路で事故があった場合に被害者を救済する目的で創設された保険になります。最低限の補償を目的として利用できる保険となっていますが、任意保険に加入していない場合にはこちらを利用することとなります。

これらの法定費用に関しては車検を行うときに必要な費用となっており、重量税に関しては車の重量により費用が異なることになります。自賠責保険に関しては、自動車の車種により異なった保険料を支払うことになります。これ以外にも、検査を受ける費用として法定費用に含まれて支払うことになる印紙代が必要となります。

点検費用と必要書類


車検行う時の点検費用に関しては、検査を受けるときに必要な費用となります。この検査を行う場合には定期点検で義務付けられている点検を必ず行う必要があり一般的な自家用車の場合には56項目があらかじめ決められておりこの項目をすべてクリアしなければ検査をパスすることができないです。この必要な項目をクリアできない状態の場合には、整備を行い必要な場合には部品を交換して必要な項目をクリアさせることになります。

整備技術や部品代金等が追加で必要となります。これらの点検費用が増えることで車検の費用が総額的に増えることになります。そのためなかには必要最低限の費用で済ませるためにこの56項目だけクリアしていればその他の整備を行わない場合がありますが、自動車等を運転する場合に必要な整備もあるため、これらの定期点検では直すべき箇所はすべて直すことで安全に自動車等を運転することができます。車検の検査を行う場合にはこれらの費用を支払うことで、検査を行うことができますがその他に準備しておく必要書類があります。

この必要書類に関しては車検証と検査を受ける一定期間で納付してやる自動車税の納税証明書が必要となります。この2つの必要書類がなければ検査を受けることができないため必ずこの2つの必要書類を用意しておくことになります。そのうちの自動車税の納税証明書に関しては、一定期間までに自動車税を納付した証明書でなければ利用できないため、必ず一定期間の間に自動車税を納付した納税証明書を用意することになります。中には納税証明書を紛失してしまう人もいるため、必ず保管しておくことでスムーズな検査を行うことができます。

次の記事へ