コラム

車検専門店はなぜ安い

驚くほど高額になる車検の費用



自動車の車検は、自動車を使うのであれば、必ず通さなければいけない決まり事です。所有権を公証するために必要なものであり、保安基準を満たしているのか確認するためだけのものではありません。もちろん、車検が通っていない車両が運行することができないのは、道路運送車両法で定められています。所有権に関しても同法で対抗できないことが定められていますが、軽自動車や二輪の小型自動車に関しては、登録ではなく検査が必要です。こうした違いはあるものの、車検を通さなければ、車は使ってはならないということに違いはないでしょう。

車検の有効期限に関しては、乗用車と軽乗用車は初回3年です。その後2年ごとになるところも共通となっています。4ナンバーとなる貨物車両は、初回2年であとは1年ごとです。車種によって2年になることもありますが、少なくとも数年間で検査を受けて登録をすることになるでしょう。もちろん、費用も掛かります。これが大きな負担になってくることは、自動車所持者なら周知の事実です。自賠責保険の支払いもきますので、同時にかなりの金額を用意しなければなりません。

車検に合わせて整備することも出てきますが、これは最低限度です。故障の可能性を検査するものではなく、あくまでも車検に適合できるようにするだけというところも忘れてはならないでしょう。車検を通したばかりなのに故障をしたと嘆く人もいますが、これは整備の目的が全く異なるからです。

ここまで厳しい検査を敷いているのは、世界でも日本ぐらいではありますが、それだけ安全という問題に対処しているのです。とはいえ、とにかく大きな金額がかかる時期ですので、安いところを探すことも多いでしょう。



余計な経費をなくしたからこそ安くなる



車検費用は、安いところが増えました。これにはしっかりとした理由があります。本来、整備をしてから通すわけですが、見積もりなどを見ると、本当に多くの項目がセットになっていることがわかるでしょう。下面の洗浄やディーラーのセットなど、パッと見では意味がわからない項目が並びます。実際こうしたサービスが車検に必要かといわれれば、なにも必要ではありません。それなのに、故障の可能性を下げることができない検査ばかりします。利益を上げるためのものであり、不必要な点検項目ともいえるでしょう。これを排除し、できるだけ小さな形にまとめれば、確実に安い車検にすることができます。

車検費用には、他にも申請代行料や事務手数料などを請求されることがあるでしょう。車検基本料といった、よくわからない名目のものもあります。もちろん、検査費用は別にとられているのですから、基本料といわれても何のことかわからないのが当然です。こうした料金が、費用の高騰を招いているのですから、カットすることができれば、いくらでも安く上がるといえるでしょう。

ただし、検査をし登録をおこなう業者も慈善事業ではありません。自賠責保険や重量税、印紙代はとられます。基本となる検査料も取られますが、これらを合わせてもハイブリッドカーの乗用車で数万円になってきているのですから、無駄な料金を支払う必要はないでしょう。



安いということにはちゃんとした理由がある



安いということには、他にも理由があると思うでしょう。たとえば、ほとんど見ていないのではないのか、ただ書類を出しているだけなのかという疑問です。実際にそんなことはできません。登録整備工場を取り消されてしまうことも起きますので、しっかりと点検しています。その代りに、専門店になっていることが多く、設備と多くのノウハウがあるため、時間を掛けずに進めることが可能なのです。予約制になっていることも多く、効率よく進めていくことができるからこそ安い金額で抑えられます。しかし、ほとんどの場合、代車がありません。その場に持ち込み、1時間かからずに終わらせるため、余計な設備も掛けていませんし、スペースの必要もなくなります。登録代行に関しても、専門だからこそ、まとめて登録することができ、コストを必要としません。

よくあることですが、整備が必要のない部分は、交換したりもしません。無駄に整備をするからこそ、費用も掛かりますし、時間も必要となります。車検ということに特化させるからこそ、余計なこともせずに安くすることができるのです。あとは、必要な整備事項を聞いておけば、必要な時に整備をすると良いでしょう。ここでも無駄なコストを省くことができますので、自動車を使うというトータルな意味でコストダウンを図ることができます。

車検は必ず通さなければいけません。自賠責保険に関しても同様で、無保険で自動車を使うということは、違法というだけではなく、非常にリスクが大きなことです。だからといって、無駄な高額料金を支払う必要もありませんので、安いところをうまく活用することがポイントとなってきています。

次の記事へ