コラム

安い費用で素早く車検を済ませるためには

車検費用の内訳について



車検はいつもお金を払って任せきりになってしまっているという方も多いのではないでしょうか。そういった場合には、一体どのようなことにいくらかかっているのか、その内訳を知らないというケースもあるでしょう。ここでは、基本的な車検費用についてその内訳を説明していきます。



まず、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などを含む「車検基本料」、そして重量税・自賠責保険料・印紙代と言った「法定費用」この2種類の費用が合わさって車検費用になっているのです。

この法定費用というのは、どこで車検を受けたとしても安い・高いという違いはなく必ず同額がかかります。法定費用は、諸費用と呼ばれることもあります。

これに対し車検基本料というのは、どこに依頼をしたのかによってそれぞれ金額には違いがあります。基本的には、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などにかかる費用です。依頼する場所によって、安い・高いという金額に大きな違いが出てくることもありますから、できるだけ安い金額で済ませたいと考えているならば色々な業者の価格をチェックしてみるのが良いでしょう。1ヶ所だけで決めてしまうと、実はもっと安いところがあったということに後から気が付く可能性もあるのです。



場合によっては、追加整備が必要になったりすることもあり、別途費用がかかるケースもあります。また、各種オイルやタイヤなど消耗品の交換が必要になる場合にも別途追加料金が請求されます。このような、消耗品の交換に関しても費用に差が出てくることもありますが、どのようなパーツや消耗品へと交換をするのかによって変わってきます。



余分な費用をカットするために



車を購入すると、購入先から大体車検の1ヶ月くらい前にはそろそろ車検ですよというお知らせのハガキやメールなどの連絡が来ることが多いでしょう。連絡が来たからといって必ずしもそこにお願いしなくてはいけないというわけではありません。もちろん、場所が近かったり顔なじみなったりして、他に頼むよりも気が楽だから良いという場合もあるでしょう。ただ、安く車検を済ませたいのであれば、余分な費用をギリギリまでカットしているような専門店に任せると安心です。



たとえば、申請代行料や事務手数料などはすべて0円で提供していたり、車種によって金額に違いがなく全車種すべて一律料金だったり、こうした明確な料金設定になっているとトータル的には非常に安い料金で済ませることが出来ます。ミニバン・ワンボックス・セダン・オープンカー・SUVなど、どのようなボディタイプであっても一律料金に設定されているととても分かりやすくて利用者にとっては安心でしょう。

ただし一つだけ頭に入れておきたいのが、通常の車検費用よりもかなり安い金額で済むという代わりに、自分自身が色々と協力しなくてはならないこともあるのです。たとえば、インターネットなどから事前に予約をしてその後、自分で自動車を持ち込みます。さらに、国家資格を持った検査員・専門の整備士の検査に立ち合って作業を進めていきます。

わざわざ自分で持ち込むのは面倒だと思うのであれば、その分手数料が加算されますから最低金額にはなりません。こうしたちょっとした手間を惜しまずに協力すると今までとは比べ物にならないくらい安い金額で車検を済ませることが出来ます。



安いだけではなくスピードも速い



車検に求められるのは、費用の安さだけではありません。スピードの速さというのもとても重要なポイントではないでしょうか。一度車を預けてからしばらくの間時間がかかってしまい、ずっと代車で過ごすというのも不自由です。

費用が安いからスピードが遅くても仕方がないと妥協しなくてはいけないことなのでしょうか。

実は、決してそんなことはありません。

安さと速さを実現しているサービスを提供している業者も存在します。利用者が検査員、整備士の2名と一緒に検査に立ち合うことによって、最短で預けてから45分という短い時間で済ませることも可能です。ちなみに、費用やスピードがどれくらいかかるのかによって点検項目に違いが出てくることはありません。車検の点検項目というのは、法定で決められていますから安い分何かを省くということは出来ないのです。



また、この「立ち合い」というのは結構大きなポイントになるものであり、整備士と一緒にご自身の車を見ながら車検を進めていくため、何が消耗しているのかということがよく分かります。

消耗品というのはもちろん消耗すれば交換が必要になりますが、本当に今のタイミングで交換しなくてはならなかったのかどうかということは後になってからでは分かりません。何も見ずに検査が進められていき、車が手元に戻ってきたら色々なパーツを交換されていて追加料金がかさんでしまった…というケースも珍しくはありません。

これではいくら最初に提示された金額が安いものであっても、結局トータルで考えれば高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。そうしたある意味トラブルとも言えることを立ち合いで検査をおこなうことによって回避できるということにもつながります。

次の記事へ