コラム

自動車の所有者が行うことのできる検査内容等

自動車の所有者で、公道を走行させている場合では、基本的には乗車前に一定の検査を行うことが求められています。

自動車教習場などでも習う項目に入りますが、簡易的に外装部分をチェックしたり、タイヤの状態などを把握しておくことも必要になります。

しかし、所有者の場合で長期的に乗り続けることを考えているならば、定期的に行う必要のある検査項目の数々が用意されていて、大きな問題が発生してしまう前に対策をとることが必要になります。

例えばタイヤの空気圧については、指定された空気圧に常に設定することが必要になるために、走行距離によって違いがありますが、できるだけ短期間でチェックすることが良い方法です。

また、タイヤの減り具合も合わせてチェックすることは大切になり、溝があまりに減っている場合では、タイヤ交換を行うことになります。

エンジンオイルなども定期的に交換することが必要とされています。

いわゆるオイル交換と呼ばれているものになりますが、概ね5千キロメートル毎の走行で交換したり、半年に1度の交換が必要であったりしますが、この点に関しても走行距離によって変わる部分になり、2回に1度はフィルターも合わせて交換することが基本となります。

ランプ類のチェックも大切な項目です。

球切れを起こしていないかを判断することになり、場合によっては他人に確認してもらう方法も用意されています。

一般的に自家用車として利用しているものに関しては、その他には2年に1度の車検を必要としています。

購入先のディーラーや、各種整備工場などに依頼することが行われていますが、現在では余計な経費を削減して、安く利用できる車検も提供されています。

所有者はインターネットなどを通して予約をすることが可能とされているものも存在していて、ネット予約の場合では割引きが適用される便利なシステムも注目されています。

中には全国各地に店舗を有しているサービスショップも展開されており、自宅から近い場所にあるショップを見つけることもできます。

予約を行った日程に合わせて、持ち込みを行うことが必要になりますが、現在では短時間で済ませることのできるシステムも用意されているために、当日中に乗って帰宅することが可能となります。

さらに、検査の結果としてカルテに相当するものが作成される場合もあるために、後日修理や交換が必要な部分についても丁寧な説明と共に知ることができます。

利用することによって、格安料金で検査を済ませることができ、家計的にも役立つサービスになります。

次の記事へ