コラム

自動車を所有するには車検が必要

自家用自動車を持つうえで、必ずクリアしないといけないのが、車検です。

正しくは、自動車検査登録制度といい、これをクリアしないとその自動車は公道を走行することはできません。

その車検でクリアして、車検証が交付されて、初めて公道を走行することが出来ます。



新車をディーラーから購入した場合は、この車検手続きはディーラーがすべてやっくれますので、実際に所有者がやるのはその自動車を継続して使用する場合です。この継続検査が一般的車検と言われれているものです。



やりかたとしては、ディーラーに任せるのと、所有者が自ら行う方法と、検査を代行してもらう方法があります

一般的にはディーラーに任せるのが多いですが、費用が高いです。

所有者自ら行うパターンは、自動車に疎くなければ費用が安くなりますが、検査ラインで不合格になった個所は当日内に三回まで受験可能で、それ以上不合格になった場合は、後日受けなおさないといけません。

また、手続きも煩わしいので、かかる費用以外ではメリットが少ないです。

また、ディーラーで行う時は、点検整備で予防的に消耗品を交換しているからです。建前ではユーザーの安全ですが、本音はディーラーの収益アップを図っているようなものです。

逆にユーザーが自ら行う場合は、これらをやる必要がなく、最低限の点検整備しか行わない。

安全面を選んで多少高くてもいいののであればディーラー、費用だけ選ぶのであればユーザー、このような選択肢となります。



そして、受けないといけない期間も車種によって異なります。

また、手数料も車種によって違います。



ですので、経済的に考えたら普通車より軽のうが初期費用や維持費などにかかる費用が少ないので、最近よくはしっているわけです。



jまた、昔であれば二、三日かかっていた車検も今では一日、速くて三十分で終わるところも出てきています。

さらに、陸運支局以外でも民間整備工場でも受けられるようになりました。言い方を変えれば、近くのガソリンスタンドが指定を受けていれば、そこで受けることが出来ます。



でも、このような制度が存在しているのはじつは日本だけだったりします。

税金を取りやすくするためにあると揶揄されていて、壊れにくい日本車であれば、日頃の日常点検だけで済むと思います。

しかし、大がかりな検査なんて何にかを定めないと実施しないと思いませんで、安全面を考えてみれば、必要な制度かもしれません。

でも、費用が高いのは解決できない問題です。

次の記事へ