コラム

車検の見積もりはきっちりと

自動車運転のためのメンテナンス



大人になって初めて自動車を購入したからゴールと言うことではないのをご存知でしょうか。自動車はただ購入しただけでは終わらない乗り物です。自動車にかかる税金や駐車場料金、メンテナンスのお金もかかります。何より避けて通れないのが車検です。自動車を持って初めて車検の存在を知った、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。自動車に乗る上で欠かすことのできない取り組みです。自動車を所有して間もない方にこそ、車検についてはしっかり知っておくべきと言えるでしょう。

自動車を保有している方にとってはメンテナンスの重要性は日々感じているのではないでしょうか。自動車の燃費の良し悪しや、運転中の乗り心地にも関わってくる大切な作業が自動車のメンテナンスです。たとえばタイヤひとつにおいてもかなりの燃費の差を作ることにもなります。また、自動車事故を防ぐためには定期的にタイヤの点検や必要に応じて交換することも求められます。自動車は便利さと危険性が共存していると言っても過言ではありません。たかがタイヤとあなどっていたり、その他のエンジンオイルやブレーキ、ベルトなどの不具合を無視しておくことは、命を奪う原因にもなりかねないのです。運転手や同乗者、道行くまったく関係のない人まで巻き込むような痛ましい事故は、定期的なメンテナンスや修理できちんと自動車を管理しておけば確実に数を減らすことができるはずです。運転する人も、一緒にいる人も、その他の人も誰もが安全に生活するためにも、自動車はきちんと管理やメンテナンスが不可欠です。

定期的な自動車の検査として、よく知られている方法のひとつに車検があります。車検は自主的なメンテナンスではなく、きちんと法律で基準が設けられている取り組みです。この車検を行っておかなければ、検査を受けてない自動車に乗ることは違反となるのです。車検の正式な名称は『継続検査』と言います。個人が所有している自動車が、安全であることや公害の少ない社会を作るために、状態や仕様が適正であるかどうかを判断するのが目的です。車検は、期間が満了になる日の1カ月前から受けることができます。車検にかかる費用は、自動車のメンテナンスによってまちまちです。早めに見積を取っておけば、突然の出費に苦しむということも避けられます。



きちんと修理や補償をチェック



車検は整備工場、専門店、ガソリンスタンド、ディーラーなどで受けることができます。車検について、どの程度の補償や修理ポイントをチェックしてくれるか、また返却までの速さはそれぞれ変わっています。見積を出してくれるサービス、メンテナンス後の補償、自動車が戻ってくるまでの期間はどのくらいか、自動車を保有する方の生活スタイルに合わせてどのようなポイントを重視するかをきちんと決めておくことが大切です。ディーラーで車検を受ければ、その自動車専用の純正のパーツを手に入れることができます。

また整備のクオリティや信頼性の高さもあります。車体における修理やメンテナンスも、車検の点検箇所以外にも見てもらうこともできます。整備工場では逆に、再利用のパーツが揃っているので安く車検や修理を行うことが可能です。またさまざまなメーカーの自動車を取り扱っているポイントも助かりますよね。特定の特別な車種を専門としている工場もあるので、大切な自動車を点検に出す際には安心です。

専門店であれば、定期的なキャンペーンや割引で安く車検を受けることができます。無料の自動車貸出しや、スピード対応であっという間に車検が終わるというメリットも専門店であればこそ、と言えるでしょう。どのようなポイントが自分の所有している自動車に大切か、また整備の目的は何かということを整理して選べば損はないはずです。



納得の値段できちんと車検を受ける



保有している自動車の購入の仕方によって、車検を受ける場所を変えるというのもひとつの方法です。新車で購入した自動車であれば、ディーラーを通して車検を受ける、中古車購入であれば専門店、事故を経験しているときには整備工場など、それぞれの長所と自動車の重視して欲しいポイントをすり合わせて選ぶという方法です。ディーラーを通して車検すると、信頼性は高い分車検の基準が厳しいということもあります。慣れない代車に乗らなくてはならない場合や、思わぬ出費につながってしまうこともあるでしょう。もちろんきちんと自動車を管理、点検しておくことは大切です。

まずは見積を出してもらって、そこから利用するお店や場所を決めるのもひとつの方法です。一番良いのは車検に向けて、ある程度お金を貯めておくことです。また、定期的なメンテナンスを自主的に行っておけば、結果的に車検での出費を抑えることになります。支払うお金や手間は安心と安全上大切なものです。しっかりと納得できるメンテナンスや点検を選ぶことが重要です。

次の記事へ