コラム

自動車のメンテナンスと免許の更新期間について

私たちの生活を豊かなものにしてくれる自動車は、きちんとしたメンテナンスがあって初めて本来のパフォーマンスを発揮してくれます。自動車の所有者には新車購入後は3年後、その後は2年に1回の車検が義務付けられていますが、それ以外にも自分普段車を使う際に出来る点検や、車検に関係なく行ったほうが良い整備も多くあります。こまめにメンテナンスを行うことによって、常に良好な状態で車を使うことが出来る上、車の寿命も大きく延ばすことが出来ます。些細なことも決してないがしろにせず、自分の車をしっかりとメンテナンスしていきましょう。



さて、車検までの期間に関係なく行ったほうが良い点検整備の一つが「オイル交換」です。自動車の「血液」に当たるオイルは、エンジンの潤滑を良くする重要な役目を担っており、オイルが劣化した状態で車を走行させると、調子が悪くなるだけでなく、エンジン内部の焼き付きの原因にもなりかねません。加速や燃費も悪くなるため、経済的にも大きく影響します。車検までの期間に関わらず、5000キロ走行ごとに交換するのがおすすめです。また、使用頻度が少ない場合でも、半年に1回はオイル交換をしましょう。1回の走行距離が極端に短かったり、ターボ車に乗っている場合は3000キロ前後で交換するとよいでしょう。使うオイルもあまり高級なものではなく、手頃な値段のものを頻繁に交換したほうが、車にとって効果的です。また、使用頻度や状況によってオイルの「粘度」を変えると、より快適に車を使うことが出来ます。さらに、オイル交換2回に1回は、オイルを濾過する「オイルフィルター」も一緒に交換しましょう。

その他にも、加速や燃費に大きく影響する「タイヤ空気圧」の点検も忘れずに行いましょう。空気圧が低い状態で走行すると、燃費が悪化したり乗り心地が悪くなる上、高速道路などの走行時に危険が伴うため、1ヶ月に1回は必ず点検しましょう。



自動車に関連して、自動車を公道で走行させるために必要な「運転免許証」も、有効期間を過ぎていないか必ず確かめましょう。運転免許証の更新期間は、有効期間満了年の1ヶ月前から誕生日の1か月後までの間と定められています。海外への渡航や、怪我・病気、妊娠などの事情により更新期間中の免許更新が難しい場合は、「更新期間前の更新手続き」を行うことも出来ます。手続きを行う際には、通常の免許更新に必要な書類に加えて、やむを得ず更新期間前に更新する理由を証明する書類も必要です。

次の記事へ