コラム

自動車のメンテナンスで最も重要なエンジンオイルとエレメント交換

自動車のメンテナンスは定期的に行う必要があり、これは自動車を安全に運航する目的において最も重要なことです。

定期的な点検として車検があり、新車から3年目とその後は2年毎に車検があります。

この車検の目的は車検での安全項目の検査と納税に自賠責徴収があり、1年目はメーカーによる無料点検が1ヵ月、半年、1年とあり、その後2年で車検となります。

通常運航に支障が出る部分は、走行することで消耗が考えられる部位や部品が対象となります。

しかし、多くのドライバーの走行距離では、必ずしも車検毎に部品交換をする項目がメンテナンスとなることなく点検のみで検査を通過します。

問題となるのは消耗品として交換できる部位ではなく、エンジンや足回りの交換出来ない部位で、自動車として致命的な損傷となる場合です。

とくに、エンジンに関してはこまめなメンテナンスが必要で、エンジンオイルの交換がもっとも重要となるのです。

エンジンオイルは通常3000キロから5000キロで交換が最適で、エンジンオイル2回に1度のエレメント交換も必要となります。

エンジンオイルの主な目的は、エンジンのシリンダー(燃焼室)内の冷却、オイルによるピストンとシリンダ-の気密、潤滑、シリンダー内の清浄、エンジン内の防錆などが主な目的で、エンジンオイルは自動車の心臓でもあるエンジンを正常に稼働させることが目的であり、ここに不具合が生じると、自動車の各部分に不具合をもたらす原因となるのです。

いくら、オイルが入っていてもエンジンオイルが汚れていたり、ピストン運動によるシリンダーとピストンの摩耗でオイル性能が劣化し、潤滑性が悪くなると、効果は半減してしまいます。



オイルエレメントは、汚れたオイルをフィルター機能により綺麗なオイルをエンジンに送り込む役割を果たします。

このオイルエレメントが汚れていては十分なフィルター効果を得ることが出来ず、フィルターは目詰まりを起こし、エンジンの性能そのものを低下させることにもつながり、燃費性能も劣化させます。

このことから、定期的なオイル交換とエレメント交換が必要となるのです。

車のエンジンが人間の心臓でオイルエレメントが血液のフィルター機能を担う腎臓にあたるため、フィルター機能が悪くなれば動脈硬化や糖尿病にも発展し、自動車もその他の機能に不具合が出るように、人間の体同様の症状が起こるのです。

車によってはメンテナンス時期を知らせる機能が付いている車もあり、お知らせ機能を利用すると定期的なオイル交換のタイミングを忘れることなく行えるでしょう。

次の記事へ