コラム

車検期間厳守の重要性について

車検の有効期間が切れるとどうなる?


自動車を日本の公道で走らせるためには、車検という検査を受けて合格しなければなりません。車体に異常がないか、ブレーキやライト、クラクションなどが正常に動作するかなどを検査し、また、税金がきちんと納められているかを調査して、これに合格しなければ道路を走行することができません。
もし、車検が切れている車を公道で走らせてしまったら、違反点数6点、30日間の免許停止、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となってしまいます。また、車検が切れているということは自賠責保険が切れている場合がほとんどですが、自賠責保険が切れている車を公道で走らせてしまったら、違反点数6点、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となり、合わせて12点の減点で、その場で90日の免停処分を受けてしまいます。免停の前歴がある場合は1年間の免許取り消しになります。罰金は一括で即日納付する必要がありますが、それが出来ない場合は労役場留置され、罰金分の作業を課せられることになってしまいます。常習性や悪意が認められた場合、交通刑務所行きということもあるかもしれません。また、そのような状態で事故を起こそうものなら、目も当てられないことになってしまいます。対人事故を起こしてしまったような場合、慰謝料や示談金に数千万円から数億円という金額が出ることも珍しくありませんが、これを一切保険に頼れないとなると大変なことです。政府の保障事業によって支給される可能性もありますが、運良く支給されたとしても、いつかは返済しなければなりません。
そんなことになってしまわないよう、車検の有効期間はしっかりと守るようにしたいものです。

車種別車検の有効期間


自動車が保安基準に適合することを確認するために、定期的に行われるのが自動車検査つまり車検です。これは、道路運送車両法第61条「自動車検査証の有効期間」にもとづいて行われる国の制度で、これを受けないと、自動車を道路で走行させることができません。
車検の有効期間は、車種ごとに決まっています。自家用乗用車と軽乗用車、および、排気量250cc以上の自動二輪は初回が3年、2回目以降は2年毎、ただし、定員が11人以上の軽自動車を含む乗用車の場合は初回が1年、それ以降とも1年毎、貨物自動車の8トン以上は初回、それ以降とも1年毎、8トン未満は初回が2年、それ以降は1年毎、バス・タクシーは初回、それ以降とも1年毎、レンタカーの乗用自動車は初回が2年、それ以降は1年毎、軽貨物自動車と大型特殊自動車は初回、それ以降とも2年毎となっています。
排気量が250cc未満の自動二輪は車検を行う必要はありませんが、自賠責保険は必要です。原付などは車検が無いのでうっかりしがちですが、自賠責保険の期限を忘れないよう注意して下さい。
自家用自動車は新車登録から3年目、以降は2年毎に車検、8ナンバー車は新車登録から2年目、以降も2年毎に車検、250cc以上のバイクは新車登録から3年目、以降は2年毎に車検、とおぼえて下さい。

車検の更新時期の見方。更新時期に必ず車検を受けるようにしよう。


車検の有効期限は車検証の「有効期限の満了する日」という欄に記載されています。また、フロントガラスには車検標章というシールを貼ります。乗用車であれば水色、軽自動車は黄色の四角いシールです。車検標章の色は、平成16年にこの色に統一されましたが、それ以前は年ごとに黄赤、青、赤、緑、のサイクルで繰り返されていました。
車検標章の表には車検の有効期限を示す年と月が、裏には同じく年月日が明記されています。これは車検を行った整備士が貼るものですので、貼り忘れる恐れはあまりないのですが、車検が済んでいてもこのシールを貼っていないと、道路運送車両法第109条により、50万円以下の罰金が課せられてしまいますので注意して下さい。また、車検標章を偽造したり、不正に使用したりすることは道路運送車両法第98条によって禁止されています。
車検は、有効期限の一ヶ月前から受けることができます。一ヶ月前から満了日までの間に車検を受けた場合は、次回の車検満了日の月日は同じ月日になりますが、それ以前に受けてしまうと、その日から有効期限が起算されて満了日が変わってしまいますので注意して下さい。
万一車検を切らしてしまっても、車検を受けることはできるのですが、車検が切れたままで道路を走行すると違反になってしまいますので、仮ナンバーを申請するか、レッカー車を依頼するなどの必要がありますので費用がかかってしまいます。仮ナンバーの場合、1ヶ月だけの自賠責保険に加入する必要もあります。仮ナンバーは役所の窓口ですぐに交付されますが、2日から5日ほどの間しか許可されませんので、綿密なスケジュール立てが必要です。
適切な時機をうっかり逃してしまうと煩わしいことでいっぱいになってしまいます。必ず有効期間内に継続して車検を受けるようにして下さい。"

次の記事へ