コラム

ユーザー車検について

ユーザー車検を行う場合の知識


車検には自動車検査証が当然必要です。他に印鑑なども準備する必要がありますが、ここで使用する印鑑は、自動車検査証で使っている印鑑でなければならないので、この点を頭に入れておくとスムーズにおこなうことができます。また、自動車納税証明書なども必要になります。この証明書は今年度の証明書となりますので、もし紛失してしまった場合には自動車税事務所に行けば再発行をしてもらうことができますので、必ず準備をしておきましょう。その他にも様々なものが必要になりますので、事前にインターネットで調べたり、人に聞いたりして調べておくことで効率的にユーザー車検を受けることができます。

費用には法定費用と検査料金などがあります。法定費用とは自賠責保険料、重量税、自動車検査登録印紙代です。ユーザー車検の場合は法定費用のみお金がかかるだけなので、車検の中でも料金を抑えて車検を行うことができるのです。
しかし、修理が必要になった場合、その場で修理を行うことはできませんので、修理工場などで修理を行い再検査を受けなければならない場合もあります。このようなリスクを回避するために、従来の業者ではなく、整備のみを行ってくれる業者に頼むことによって、法定費用、検査料金、整備費用の三点で安心して車検を受けることができます。

ユーザー車検で車検を行う場合、様々な箇所を自分自身で検査しなければなりません。たとえば、シートベルトの警告灯が点かない場合などは修理する必要があります。また、ウィンドウウォッシャー液が出ない場合も車検に通らないので、補充や修理が必要になります。また、タイヤが車体からはみ出ている場合やガラスに破損がある場合も、当然ながら修理する必要が出て来ます。並びに、たとえば、スピードメーターが40キロ走行時に40キロメートルを指していない場合も修理をする必要があります。このように、様々な箇所を修理、チェックすることによって車検を通すことができるのです。

車検のために日頃からメンテナンス


ユーザー車検を効率的に進めるために、また、車の安全性能を確保するためにも日頃から車の安全点検は必要になってきます。
たとえばエアエレメントです。エンジンが吸い込む空気の汚れを取り除くためのフィルターが設置されています。しかし、その箇所が目詰まりしている場合、エンジンの調子が悪くなってしまい、最悪の場合は出力の低下や燃費悪化に繋がってしまうこともあります。日常的にこれらの箇所を点検しておくことによってユーザー車検を効率的に進めることができますし、燃費向上にも繋がる可能性もあります。

エンジンオイルの点検も重要です。エンジンオイルが劣化した場合、潤滑、冷却、清浄、防錆、密封作用が低下してしまい、エンジンの各箇所を傷つけてしまう可能性があります。それらが理由でエンジンが不調になってしまったり、異音がエンジンから聞こえたり、焼きつきやオーバーヒートの危険性を高めてしまうこともあります。エンジンオイルの点検を日々行いオイルの劣化を防ぐことによって、エンジン自身を長持ちさせることができます。

その他にも、ユーザー車検をおこなうときに効率的に進めるために、点検をしなければならない箇所があります。その中の一つがオイルエレメントです。オイルの汚れを取り除くためのフィルターが付いているのですが、このフィルターが汚れて詰まってしまうとエンジンの各箇所を傷めてしまう可能性があります。また、オートマオイルが劣化してしまうと、走行中に変則ショックを起こしてしまったり、滑ってしまったり、走行不良、燃費の悪化に繋がる可能性があるので、燃費効率、エンジンを守るためにも定期的点検をしておくことが大切です。

ユーザー車検のメリット


車検をユーザー車検にすることによって様々なメリットを享受することができます。
一番の魅力は車検を低価格で受けることができる点です。車を保有している方は、必ず決められた時期に車検を受ける必要があります。自分自身に車の知識がある場合には、ユーザー車検は法定費用しか必要としないので、少ない料金で車検を受けることができます。

また、自分自身で点検することにより、車の知識が大幅にアップするというのも大きなメリットです。そして、車の設備知識のみならず、保険料や税金などにも詳しくなることができるので、自分自身の知識の向上にも繋がります。

しかし、不具合があった場合に自分で修理することができない場合は、最近は安くて早くて安心の三つがそろっている魅力的な車検を行ってくれるところもあるので、そのような店舗にお願いすることで効率的に車検を受けることができます。
ユーザー車検に近いような状態で車検を行ってくれるところもあります。こういったところは比較的安い価格で車検を行ってくれます。さらに、即日で車検が完了できるところもあり、多忙な方にはメリットとなります。

次の記事へ