コラム

車検の速太郎ホーム > 車検のコラム

自動車の車検を受ける際の手続きの流れ
所有している自動車は必ず車検(継続検査)を受ける日がやってきます。普通車の場合、自分で陸運局に車を持ち込んで継続検査を受検するユーザー車検を行う際の手続きの流れとしては、まずユーザー車検の予約から始ま……

車検の費用は相場がいくらか
車検を受ける時に気にすることというとその費用です。いくらくらいかかるのかは受ける前に知っておけば安心ですし予算の準備も行いやすくなります。相場を大体でも知っておけば車検の時期に用意がしやすくなるでしょ……

軽自動車の車検は予約が必要
所有する軽自動車の車検(継続検査)を自分で受けようとするユーザー車検の場合は、近くの軽自動車検査協会に車を持ち込んで受検することになります。しかし、いきなり持ち込んでも継続検査を受検することは不可能で……

自分で陸運局にて車検を受ける際には予約を
自分で車検(継続検査)を受ける、いわゆる『ユーザー車検』は、自分で車を陸運局に持ち込んで受検しなければなりません。しかしこの時、いきなり車を持ち込んで継続検査が受けられるかといったらそうではないのです……

信頼できる車検の予約とシステムの詳細について
自動車の維持管理には欠かすことのできない項目には、車検を挙げることができます。一般的には2年ごとに検査を受けることが必要とされているものになり、安全面を考慮した基本的な検査項目が用意されているものにな……

車検の費用の見積もりと支払いを分割すること
自動車を所有していると、購入費用の他にも維持費というものが必要とされることになり、その中には各種税金の支払いや保険料の支払い、燃料費やメンテナンス費用、そして車検の費用などが基本的な内容とされています……

車検見積もりと実際の費用との矛盾
日本には車検制度があり、必ず車検を受けることが義務となっています。 車検を受けていない車は公道での走行ができません。 近年では、安価なアピールで新聞折り込みやインターネットのweb上で宣伝……

車検見積もり料金を調査する
車検に必要な見積りを料金を事前に調査する事は有効であり、まずは自身の自動車の車検にどれだけの必要がかかるのか目安を知っておくと良いでしょう。 車検費用の土台は法定費用と点検整備費用の2点……

日常の足なら車検のないバイクが賢明です
日本では251cc以上のエンジンを積んだバイクや自動車は2年に1回車検を受け、通過しなければ公道を走ることが出来ません。排気量の大きいバイクは確かにかっこいいし、走っているときの爽快感は格別です。しか……

車検時にメンテナンス費用比較を行う
車検を行う時には業者によってメンテナンス費用が違いますから業者比較を行う事は必要な要素になり、車検は内訳としては必ず必要な費用である法定費用とメンテナンス等の点検整備費用が必要になります。 ……

軽自動車の車検は無免許でも受けられます
車検は軽自動車のオーナーである限り絶対に受けなくてはなりません。 これは日本国内の公道を走行するあらゆる自動車に対して最低限の安全基準をクリアしているかどうかを確かめるため、また万が一のことがあ……

ユーザー車検は難しいのか簡単なのか
車検を受ける際にはどのような自動車であっても一定の費用がかかってしまいます。 それぞれの自動車の型式や使用年数、車検を依頼する業者などによっても費用は変わってきますが、10万円以上の費用がかかる……

軽自動車と普通車は車検においてどんな違いがあるか
車検は日本国内の大半の車両が実施の対象となっており、車の所有者は決められた時期に車両の保安基準の適合性について審査を受け、合格をしなければ車に乗り続けることはできないことになっています。 この車……

ユーザー車検で事前準備することとは?
日本で車検制度は、普通車の場合新車から3年、その後2年おきに受けることが義務となっています。 車検の目的として自動車の安全走行と納税や自賠責徴収があり、法律で定められています。 車検では、……

前検査の軽自動車の車検は費用が高くつく場合がある
軽自動車の車検は、新車登録から3年後に初回の継続検査を受け、その後は2年に1度のペースで継続検査を受けなければなりません。 この軽自動車の車検の形式には、大きく分けて「前検査・後整備」と「前整備……

ユーザー車検でも重量税は同じようにかかります
ユーザー車検では点検整備などを自分でするので、そういう費用がかかりませんが、それ以外に整備工場などに依頼して車検を通してもらった場合でも、同じようにかかる費用があります。重量税などです。名前のとおり税……

ユーザー車検で不合格になった場合の対処方法とは
ユーザー車検では、車の所有者自身が車検に関係する全ての作業を行いますが、一連の作業の中で最も躓きやすい工程は、何といっても検査場での検査です。 検査場では進行方向の前に設置されている掲示板に表示……

妻にでもできるユーザー車検
車検は自動車ユーザーにとって本当に大きな負担です。新車こそ3年ですが、その後は2年毎にやってくる大きな負担となりますが、やはり安全のためには定められたとおりにきちんと通していかなくてはなりません。しか……

ユーザー車検は付き添いがあるとスムーズ
ディーラー車検の場合には、法定費用に加え、4万円から10万円程度が加算されることは珍しくありません。民間整備工場でも、そこから1割安くなるかならないかです。もし自分に自動車の知識があれば自分で車検を通……

軽自動車の車検で再検査になることはあるのか
車検はどのような自動車であっても一定期間経過ごとに受けなくてはならないものとされています。 これは法律で明文化された規則ですから、その対象外になるということはまずありません。 もし対象外に……

ユーザー車検前には整備が必要です
ユーザー車検は車検にかかる費用を抑えたいという人が多く利用するようになりました。 インターネット上にはユーザー車検を受ける方法などが詳細に説明されており、そうした説明を読んでいけばある程度誰でも……

軽自動車の車検でも当日予約は危険です
軽自動車は通常の自動車と比べると排気量が小さいため構造が簡単だと思われることがあります。 確かに高級車と比べると使用されている部品数が少ないということもありますし、そうした認識は完全な間違いでは……

ユーザー車検の手順について
車検といえば、普通は車検の代行業者に依頼し、修理点検の上で行ってもらうのが主流ですが、ユーザー車検と言って、ユーザー自身が車検場に出向き、車検を行うこともできます。 ユーザー車検を受ける手順とし……

車検の必要書類を点検中に紛失が発覚した時の対処
車検を受ける際には、運輸支局に必要書類を持参し、検査の受付の際や新しい車検証の交付手続きの際に提出しなければなりません。 車検時の必要書類は、店に手続きの代行を依頼する場合は車検証、自賠責保険証……

登録自動車において車検の手数料はいくらかかるか
自動車を保有し続ける場合は、車種や用途などに応じて1~3年に1度は車検を受けなければなりませんが、この時には検査登録手数料を支払わなければなりません。 この料金の支払いは印紙と証紙で行うことにな……

飛び込みで費用の安い車検に出すのは危険!
すっかり忘れていたら、車検が近づき、付き合いのある整備工場や自動車販売店に見積もりを依頼すると、修理個所が多く、費用が高いと感じた人はいませんか? 車検の正確な検査内容を知る人は少ないでしょう。……

軽自動車を買うメリットと車検代などの維持費について
若者が車離れを起こしている現代ですが、免許を持っている方にとって車は欠かせないアイテムです。特に、田舎である地方に行けば行くほど、公共の交通機関の整備が都心ほどされておらず、移動手段が車に限定されます……

ユーザー車検に必要な書類の説明
自動車のユーザー車検には、7種類の必要な書類があります。 陸運局で入手する書類は、当日記入しても何ら問題ありませんが、出来れば前持って入手しておいた方が安心です。 一つ目は、俗に自賠責や強……

車検における必要書類と足回り点検のポイント
自動車の維持管理費用の中でも、数年毎に発生する車検は非常に大きな負担です。新車こそ3年間ですが、その後は2年毎にやってきますし、その都度大きな費用負担になってしまいます。そもそも車検ではどんなことが行……

安心して自動車に乗るための車検
マイカーを安心して乗るために定期的に車検を受けるますが、あなたの自動車は、本当に安心して運転できる状態で整備点検が行なわれていますか? 車検での点検項目は安全に運転が出来る項目が検査されます。 ……

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ