コラム

車検を予約するために大切なこと

車検を予約するときに重視することは?



自家用車を持っている方なら、2年に1度の車検は間違いなく受けなければいけません。その費用は、2年に1度といえども“安いもの”とは言い切れません。ただし、愛車をとにかく大事にされる方は、毎月のようにディーラーに点検に行く方も多いので、とにかく車を新車の状態のままキープし続けたいという方は、ディーラーで予約するということが大半でしょう。

ただ、車検を予約するときに「値段重視」という方も多いはずです。中には値段を意識して、すべて自分で行う「ユーザー車検」を選択する方もいますが、整備なども自分でしなければいけないケースもあり、手間暇というところで諦める方も多いです。

他には、ガソリンスタンドで予約するという、お手頃価格で車検を通してくれるサービスもありますが、ガソリンスタンド側は“事故の危険性”を気にして、「タイヤの溝が減っているので、タイヤだけ交換しておきましょう」といった流れで、結局、プラスの工賃は発生しがちです。

確かに自動車を運転する際は、「安全面」は最も重視すべきことです。ただし、ガソリンスタンドなどでは格安で部品販売と工賃代で済むところでも、町工場やディーラーなどでは「二重価格」を請求されることもあります。中には、フロントバンパーに交換だけで、中古の軽自動車1台分ほどの工賃を請求されたといったケースもあるようです。

特に、純正部品での交換があたりまえの車検サービスであれば、純正部品の販売自体の料金を上乗せされ、技術料も比較的高い値段で提示されることもあります。ですので、車検予約で重視することは、「車を大事に扱ってくれるか」、「整備はきちんとしてくれるか」、「部品の交換は割高になっていないか」ということです。その他には、車検の日数を気にするという方も増えてきています。



車検には日数も代車も不要という方も急増



車検の予約をする際、値段以外にも、「どれだけの日数がかかるか」や、「代車は何になるのか」を気にするという方も多いでしょう。中には、「代車は慣れていないし怖い」、「代車の内装のニオイが苦手」という方も多く、できれば代車は使いたくないという方も増えてきていますね。

また、車検には4、5日かかるのが普通だったという時代もありましたが、その間に愛車がないと不安になるという方もいます。何よりその間、代車で運転しなければいけないということに抵抗を感じる方も多いのです。たとえディーラーで予約をし、代車は自身の愛車よりも綺麗な状態のものであっても、運転をすることには抵抗を感じるという方も多いでしょう。

また、車検にかかる日数が長いと、車検時に使っている代車への扱いや、愛車がどれぐらいの車検の工賃を余分に出されるか不安になる方も多いはずです。

それほど消耗していないタイミングベルトでも、「今のうちに交換しておきましょう」となるのが、一般的な車検のサービスでありがちなことです。「安全面」は一番大事ですが、まだまだ交換しなくてもよい部品までを交換されてしまえば、かかる費用も通常の車検代金と合わせて高額になってしまいます。

車検の予約時は、日数がかからないか、代車不要で過ごせるか、無駄な部品交換がないかには注意すべきでしょう。もちろん、「安全面」を考慮しての最低限の部品交換は必要ですが、その部品交換が“無駄なもの”であれば、発生するのは高額な費用だけという結果になってしまいます。



車検予約にはお手軽さ重視の人急増中



ディーラー車検などでは丁寧に愛車を見てくれる反面、“お手軽さ”にはかけます。「日本人は働き過ぎ」とよく言われますが、そういったことも影響して、じっくりと予約先を選定する時間もないというケースもあります。可能であれば仕事の休憩中、あるいは休日の際、“思いついた時”に車検の予約ができるサービスがあれば、自分自身の時間を浪費せずにすみます。

そういった“お手軽さ重視”の車検サービスの中には、車両点検が丁寧かどうかもしっかりと知るべきでしょう。いくらお手軽なサービスとなっていても、点検がいい加減で、後になってから「ブレーキパッド交換が必要です」といわれれば、想定外の出費となってしまいます。

お手軽に予約することができ、きちんと丁寧に車両を点検してくれ、なおかつコストパフォーマンスに優れているといった車検サービスを受けたいですね。

前述したように、「ユーザー車検」といって自分ですべて車検の作業を行うのも、車の整備が得意な方であればおすすめです。ただし、かかる費用は低く済むものの、時間を浪費してしまうことには変わりありません。また、「安全面」を考えれば、きちんと愛車点検をしてくれるサービスを探すことが必要だともいえます。

近年は車検を取り扱うところも増えていますが、できれば自分にあった予算、工数、サービスに適ったところで車検を受けてください。

次の記事へ