コラム

車の委任状が必要になる検査があります

自動車を登録するのは、所有者や使用者の義務であり、権利です。

つまり使用者や所有者でなければ出来ないことになります。

しかし実際には、所有者や使用者が直接陸運局へ出向いて登録することは少なく、誰かに、通常は販売店や整備業者などに依頼してやってもらいます。

その際に必要になるのが委任状です。

自動車の登録に使うものは一定の書式があり、自動車登録以外には使えないとなっているもので、たとえ実印が押してあっても他の事に流用されることはありませんので安心です。

専用の用紙があり、陸運局で売っていますが、陸運局のホームページなどでPDF形式でパソコンのプリンターで出力できるデータが配布されていますので、それを使っても良いでしょう。

普通は販売店や整備工場が用意してくれます。

委任状が必要になるのは、名義に関する登録もしくは改造などによって用途や寸法、重量などが変更になったとき、ナンバープレートの変更があったときなどです。

つまり通常の検査、継続検査では必要ありません。

検査で必要になるのは改造した場合の構造変更検査、あるいは変更登録のときだけです。

ただしナンバープレートの破損などでナンバープレートを変更する場合には所有者の委任状が必要になります。

一般的に必要になるのは、新規に購入するとき、売買等で名義変更があるとき、あるいは廃車してナンバープレートを返納、登録を抹消してしまうときなどです。

つまり所有権が動くときには所有者の実印を押して、印鑑証明を添えたものが必要になります。

これは新所有者も旧所有者も両方要ります。

それ以外では新規登録の場合、新所有者の実印のものと印鑑証明が必要です。

ナンバープレートの変更では所有者の委任状が必要ですが、実印である必要はなく、認印で構いません。

また車検証をなくして再交付するときも必要ですが、このときは使用者の認印のものが必要になります。

このときも実印である必要はありません。

改造による構造変更のときはそれによってナンバーが変わったり課税状況などが変わるときがあるので、所有者の委任状が必要になります。

この場合は認印のもので構いません。

委任状は委任者が住所氏名と使用目的を書きますが、自動車用では更にナンバープレートのナンバーやシャーシ番号を書くようになっていて、他に流用できないようになっています。

しかし受任者の氏名は開けておくのが一般的ですので、そこは空欄のままにしておきましょう。

次の記事へ