コラム

車検にかかる車検費用とは

車検を受ける時はある程度の費用が発生します。車検費用にかかる費用は大きく分けると法定費用と、整備費用の2つに大別されます。この2つの費用も車によってはかかる費用が違ってくることで、車検費用は車によってまちまちになります。また依頼する整備工場などによってもかかる費用に違いがあります。

車検を受ける前にいくらくらいの費用がかかるのかを事前に知っておけば、実際に車検を受ける時に困ることはないでしょう。車を保有している限り、点検を受ける時期は決まっているので事前に車検費用の計算や資金の準備は出来ます。また見積もりをもらうことが出来れば整備工場を選ぶ時にも役立てられます。

法定費用には車の重量によって費用が変わる自動車重量税があります。自動車は車両の重量0.5トンごとに課税される税額が上がります。この重量税というのは車検の際に納付書を発行し課税されている額に相当する印紙を貼り納税を行います。この自動車重量税というのは車の種類によって税額が決まっているので、自分の載っている車に対していくら必要かが確認出来ます。

整備費用に関しても依頼するお店や内容によって費用が違ってきます。そこでどこのお店に車検を依頼すれば良いかを見積もりをとってもらって決めていく方法があります。内容によっても費用は変わり、引き取りを依頼したり代車の手配が行われることで別途費用が発生します。出来る限り費用を抑えるようにするには見積もりを比較して事前に車検費用を把握しておくようにします。

法定費用に関しては自動車重量税が車の種類によって違うこと以外は、どこのお店に依頼しても費用は変わりがありません。費用に差が出るのは各店での整備費などで、業者を選ぶ際には諸経費についての比較を行うと出来るだけ安い費用で車検を行えるところが分かります。

費用の比較は見積もりを依頼したところから詳細が出てから分かるもので、見積もりの資料を確認すると明細もある程度分かるようになります。見積もりを依頼した各社の整備料で整備の内容や必要部品の費用を確認し、どのような整備が行われるかもある程度は把握しておくと費用の詳細も把握出来ます。その中で依頼していない整備が紛れ込んでいたりせずに、整備内容の提案に合理性のあるところを選ぶことで、車検費用を安く抑えて整備を依頼することが出来るようになります。各社で見積もりを出してもらう方法にはインターネットのサイトで見積もり依頼をする方法が手軽に行えます。

次の記事へ