コラム

車検の予約ならインターネットでお手軽に

車検というシステム



自動車を保有している人は、一定期間ごとに検査を受けなければなりません。一般的に「車検」と呼ばれている制度です。この制度が正確にはどんな制度なのかご存知ですか?自動車を保有している人でもなかなか答えるのは難しいのではないでしょうか。

車検とは「自動車検査登録制度」を省略した通称です。その歴史は意外と古く、1930年にバスやタクシーの安全性を確保することを目的として制度化されました。その後、1951年に義務化、1973年に軽自動車に適用という変遷をたどって現在に至ります。

検査は、新規検査、予備検査、構造等変更検査、継続検査に分けられます。そのうち継続検査が一般的に車検と呼ばれている検査に該当します。自動車検査証の有効期限を延長するための検査で、自動車を継続使用するために必要な検査です。

新規検査は自動車検査証の交付を受けるための検査で、同日中に登録も行われます。型式指定自動車の新車は、製造メーカーが発行した完成検査終了証の有効期限内であれば検査を省略できます。新規検査の中でも完成検査終了証の有効期間が満了したものを検査、登録することを「完検切新規」といい、使用過程車の場合は「中古新規」と呼んで区別しています。

予備検査は、検査と新規登録を別々に行う際に予め検査のみを受けておくことを言います。中古車販売店や並行輸入業者のほか、トラックやバスなどの架装業者が利便性活用を目的として利用している検査になります。予備検査証を交付してもらうことで、3カ月以内であれば書類審査のみで新規登録ができます。

構造等変更検査は、自動車のサイズや重量、乗車定員など諸元に変更があった時に行う検査になります。



どうして車検を受けないといけないの?



車検は自動車だけでなく、排気量が250ccを超える自動二輪車も行う必要があります。これは国が行う検査です。

自家用の自動車の場合は、初回有効期限が3年で以降は2年となります。有効期限が切れる前に再度、車検を受けなければなりません。軽自動車も同様の扱いとなりますが、交付、検査、届出管理は国ではなく軽自動車検査協会が行います。

車検で実施される検査は外観や安全性能、公害対策などが保安基準に適合していることを確認するものになります。これに合格すると、自動車検査証と検査標章が国土交通大臣の名前で発行されます。検査標章は自動車であればフロントガラス、自動二輪車であればナンバープレートに貼ることが義務づけられています。

この検査に合格することは、すなわち次回の検査まで公道を走行してもよいという許可が出たことになります。つまり、車検に合格しなければ、もしくは受けなければ、公道走行の許可が出ないということになり、道路運送車両法違反とみなされ処罰の対象となります。車検を受けなければならない理由はここにあるのです。では、何らかの理由で有効期限が切れてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

車検を受けて合格すれば公道を走行できるようになります。しかし、期限が切れている状態で公道を走るのは違反になるので、走行経路に含まれる市区町村に申請して、臨時運行許可証を取得しなければなりません。または、キャリアカーなどに自動車を載せて検査場まで運ぶなどの対策が必要になります。

このように、有効期限が切れてしまうと大変な手間がかかることになります。忘れずに車検を受けるようにしましょう。



安心な車検を受けるには?



では、車検はどこで受ければよいのでしょう。軽自動車は軽自動車検査協会専門の検査場で受けることができます。軽自動車以外の自家用車は、陸事分野の運輸支局で受けることになります。これらの検査場に自動車の所有者が自分で持ち込むことをユーザー車検といいます。ユーザー車検は最低限必要な法定費用だけで済むというメリットがありますが、その手順や書類作成に知識が求められるため大変な労力が必要になります。

そこでディーラーや整備業者に依頼するのが一般的になっています。ディーラーで受けるものをディーラー車検と言い、整備も同時に実施することができます。しかし、法定費用以外にも手数料などの諸費用がかかるため費用面での負担が大きくなります。そこで民間車検場に依頼してはいかがでしょう。

民間車検場とは、国土交通省の指定を受けた自動車整備工場のことを言います。業者によって方法は様々ですが、事前に予約をしておくことでユーザーが車検の様子を見ることができる工場もあります。自分の車がどう扱われ、どういう検査を受けているかがわかるので安心なうえに、ユーザー立ち会いということで短時間で車検を完了させることができます。

また、費用面でも検査費を一律で設定している場合があり、費用内訳がとても分かりやすくなっています。車検実施時に車両に異常が見つかった場合も整備工場なのですぐに対応してくれます。

このように多くのメリットがある民間車検場に依頼するなら、インターネットを活用するとよいでしょう。インターネットからの予約で割引が受けられるなどの特典があります。質問がある場合などは電話で問い合わせてから予約をすると、より安心して車検を受けることができます。

次の記事へ