コラム

自動車を車検に出そう

車検に合格しない事例について



車検は自動車を所持している人たちが絶対に通らないといけない道となっていますが、きちんと合格するためには様々なメンテナンスをする必要があります。不合格となってしまうと車に乗れなくなってしまうため、できる限り合格をしたいと思うのが当然となります。では、実際に合格をしない事例について紹介をしていきます。合格をしない事例について理解をしておけば、重点的にメンテナンスをしなければならない場所が分かってきます。

では、実際に合格しなかった事例について説明をしますが、まず一つ目はシートベルトの警告灯が付かないという場合です。昔の自動車については付かないという場合もありますが、平成6年3月以降の車については必ずついていないと合格することはできません。エンジン回りやその他のメンテナンスが完璧であっても、シートベルトで不合格になる例もありますので、見落としがちとはなりますが、きちんと見ておくと良いでしょう。

二つ目のポイントは、タイヤが車体からはみ出している場合です。車には様々なタイヤを装着することが可能となっていますが、中には車体から大きくはみ出したタイヤを装着しているという車も存在しています。車体からはみ出している場合には危険と判断されてしまいますので、不合格となってしまいます。検査を受ける前にはタイヤについても見ておくと良いでしょう。また、タイヤの溝が少ない自動車も危険と判断され不合格となりますので、しっかりと溝のあるタイヤを装着するようにしましょう。

三つ目のポイントは、スピードメーターが合っているかどうかです。実際の速度とメーターの表示が異なっていると、非常に危険な状態となりますので、不合格をする可能性が高くなります。スピードメーターがあっているかどうかも重要なポイントとなります。

四つ目のポイントは、ガラスに損傷がないかどうかです。大きな損傷については目視で分かりますが、意外と小さな損傷については見ても分からないことがほとんどとなっています。きちんと見ておかなければ分からないこともありますので、フロントガラスやその他のガラスに関してもしっかりと見ておくようにしましょう。

今回は一部分の紹介となりましたが、まだまだ不合格になる事例はたくさん存在しています。前もって調べてから、車検に出すようにしましょう。



自動車を安全に走行していくために必要なこと



自動車を安全に走行をするためには、しっかりとしたメンテナンスが必要となります。その為にも車検というものが存在しているのですが、車検は自動車を安全に走行できるかどうかの判断をするための検査となりますので、必要不可欠となります。安全に走行ができるかという点をしっかりと検査するので、厳しい部分もあります。合格するためにも定期的にメンテナンスを行う必要がある箇所をきちんと確認しておく必要があります。では、具体的にはどういった箇所をメンテナンスすればいいのか、ということについて紹介をしていきます。

まず、エンジン付近のメンテナンスは非常に大切になります。例えばクーラントについてですが、これはエンジン冷却水になり、温まったエンジンを冷やすためには絶対に必要なものとなります。単に水ではなく、凍結を防止する効果もありますので、放っておくことはせずに、ちゃんと定期的に見ておくようにしましょう。放っておくと故障につながる場合もあります。

また、スパークプラグという部品についても、エンジン付近では必要不可欠となっており、エンジンの調子が悪くなったり、最悪の場合はエンジンがかからなくなるということも考えられます。エンジンがかからなくなると大変なので、しっかりと点検をしておくようにしましょう。その他にもバッテリーなども重要になります。バッテリーの充電不足などによってはエンジンがかからなくなるということも考えられます。バッテリーの寿命もそれほど長いものではないので、定期的に見ておく必要があります。このように、一部分ですが、安全に走行するためには点検しなければならない箇所がたくさん存在しているのです。



車検を受けられる業者の選び方



車検を受ける場合には業者に依頼をするという方が多いのですが、実際に受けられる場所は様々となっています。では、実際に選ぶ際にはどういった場所で受けると納得のいく車検を受けることが可能なのでしょうか?今回は、業者の選び方について紹介をしていきます。

まず、費用ができる限り安い業者に依頼をすると、負担を軽減することが可能となります。業者によっては車検費用についてもそれぞれ異なっています。また、車検を受けるスピードも重要となります。中には、何日間も車がないと不便だという地域もあります。業者によっては数時間で完了できるところもありますので、すぐに終わらせることも可能となります。

このように、条件は業者によっては様々となっているので、しっかりと納得のできる条件の業者に依頼をするようにしましょう。

次の記事へ