コラム

愛知県一宮市などで受ける車検専門の業者での流れとは

自動車検査で必要な書類



愛知県の一宮は、自動車を所有している人の割合が多くを占めているエリアです。車は、道路運送車両法という法律に基づいて、決められた期間に検査を受けなければいけないと定められています。検査では、50を超える細かい項目すべてが基準に達していないと、通ることができません。この項目は、日本の公道を問題なく安全に走るために、最低限必要とされているものです。最近は安全だけでなく、環境に配慮することも求められています。

受ける際には、乗っている車本体だけでなく、いくつもの書類を用意することが必要となります。まずは、自動車検査証と呼ばれている書類です。おおよそA4の紙に、車の車種や、最初の登録された年、所有者、車のナンバー、そして次回の有効期限などが細かく記載されているもので、いわば車の身分証明書にあたる、大変重要なものです。次に必要なのは、自動車損害賠償責任保険証明書、自賠責保険証です。自賠責は加入する義務があります。ほとんどの方が同時に更新をしていますので、自動車検査証と同じところ、同じ書類入れに保管していることが多いため、一度確認をしてみましょう。

また自動車納税証明書も必要です。自動車税は年に1度支払うものですが、支払った際に証明書が発行されます。支払ったものの、証明書を無くしてしまった場合には、自動車税事務所でもう一度発行してもらうことが可能です。自動車税事務所は、都道府県の管轄ですので、都道府県の合同庁舎などに入っています。直接赴くのがもっとも早い方法ですが、もし、遠方だったり、仕事などの事情があり直接行ったりすることができなくても、郵送などで取り寄せることが可能です。おおよそ1週間ほどの時間をみておきましょう。さらに、任意保険の保険証書や、印鑑なども必要です。印鑑は認め印で構いません。



立ち合いをする場合の流れ



愛知県の一宮などで車検を受ける場合には、整備工場やディーラーなどに一定の期間預けて、代理で車検をお願いするという、民間車検を利用する方もいます。ただ、愛車を預けている間は不安だと感じたり、自分自身の車の状態を実際に自分で確認を行いたい、整備費用がどのくらいになるのか分からなくて不安だったりするといった考えをお持ちのユーザーへおすすめしたいのが、立ち合い車検と呼ばれるスタイルです。

立ち合いとは、検査員と呼ばれる専門の資格保有者が、車の状態をユーザーと確認をしたうえで、検査を受けるために必要な整備・点検をどのように行っていくか提案をし、相談をしながら進めていくシステムです。

たとえば、エンジンオイルの汚れの状態を確認します。汚れがあると、走行に際してどのように問題があるかどうか、新しくするメリットなどの提案を受けます。また、タイヤの溝も計測しながら相談を行います。例えば、検査項目で決められた基準にはクリアするものの、現在の溝の状態から、どのスパンで取り替えるべきかなどのアドバイスも受けることができます。その他にも、冷却水の状態であるとか、ブレーキの効き具合など、運転をしていても自分ではなかなかチェックしていない、しづらいことに関して説明をしてもらえる上に、納得のいった項目のみを整備してもらえます。実際の車の状態を自分の目で確かめることができるので、結果的に車のメンテナンスを意識できるようになり、長持ちすることにつながります。さらに、ユーザー自身が納得のいく項目のみを依頼できるので、費用にかかる整備費用の部分を大幅に削減することにもつながります。



申し込み方法と過程



一宮など全国に拠点がある専門の業者にて、車検を受ける際の流れをご紹介いたします。まず検査の予約をあらかじめ行います。ここで気を付けておきたいことは、有効日または満了日を過ぎてしまわない日を指定しましょう。40日前から検査は受けることが可能です。予約の都合がつかずうっかり有効期限が切れてしまわないように、なるべく早めの予約をすることがおすすめです。インターネットから予約を行える業者もあります。いつでも予約を入れられる上に、割引サービスを受けられるのでお得な方法です。

予約をした日時が決定すれば、その日に車検を受けたい車と、必要書類をそろえ来店します。まずはフロントにて受付と書類の確認を行い、スタッフによって簡単な問診が行われます。問診が完了したら、点検・検査に進みます。検査は、法で定められた56項目に加え、日常項目もチェックします。完了をしたら検査員の下、立ち合いを行います。点検の結果判明した自動車の状態と、どのような整備が必要かという説明を受けます。ここで、整備が早急に必要ではなかったり、不要だと判断できたりするものは省き、整備が不要であれば、完成検査と呼ばれる段階に入ります。必要な整備があれば、整備を行います。追加の整備が発生した場合は、改めて見積もりを取って確認をするのがおすすめです。

検査に合格をすれば、車検は終了です。整備の内容によっては、時間がかかったり、翌日以降になったりすることもありますが、点検の結果整備が不要だとユーザーが判断すれば、早くて1時間ほどで乗った車で帰ることができる場合もあります。

次の記事へ