コラム

車検の見積のやり方

2年に1回の車検は自動車に乗る人なら誰もがしなくてはいけないことですが、いつも同じ所でお世話になっているのでそれほど金額については気にしたことがない人も少なくありません。場合によっては高くてもそれが当たり前なのだと思っている事もあるぐらいです。ですが、家計の節約という事で徐々にきちんと見積を取ってみようかなと考え始めている人も増えてきています。



ただ、見積を取るという事にあまり慣れていないために、どうやったらいいのかと思っている人も多いのが現状です。もちろんいつも作業をしてもらう所にもお願いしてみてもいいのですが、それはやりにくいと思うのであればインターネットを利用して一括で行なってみてそこで去年の金額と比較してみるというのもいいでしょう。大まかにでも高いのかそれとも安いのかということが分かればそれだけでもどこで車検をしてもらうのかきっちり自分自身でも決めることが出来ます。



気をつけたいことは、一社だけで行なわない事です。一つの会社だけで返ってきた数字を見ても何となくこの金額でしてくれるのかという事で終わってしまいます。最低でも2~3社ぐらいには見積を取るようにしてそこで比較しないと、どれぐらいの金額が適正になりそうなのかという事は分かりません。作業をしてくれる所はディーラーや各種販売店、点検工場や専門店など本当にたくさんの場所でしてくれます。どこでしてもらうかは自分で決めて当然いいのですが、高いままかもっと安くでしてもらいたいのかは自分で決定しましょう。



まず車検の見積の予約をして、その後に自分の車の情報などを入力する事で金額が返ってきます。インターネットを利用して行なう時は入力をしていくのが一般的なので、間違えないようにしましょう。実際に自動車を持ち込んで数字を出してもらいたいと思ったら、きちんと作業依頼を検討している所に事前に予約をしてから出かけます。急に自動車を持込しても見てもらえないことがありますので、早めの予約が大切です。



そして見積の金額で納得が出来たら次に車検の予約を行ないます。内容は税金等で固定になる法定金額と、点検費用などの様々な項目があります。分からない部分があれば質問をして、どの作業に必要なことをしているのか、適正な金額であるかを考えましょう。慣れない内は見積を取るのも大変かもしれませんが、安く車検をしたいならしっかりと作業をしておく事がとても大切です。

次の記事へ