コラム

安い費用で済ませられる車検

車検費用の内訳は、検査費用と法定費用の2つから割り出されます。

検査費用は、自動車の点検、検査、整備にかかる費用で、車検をしてもらう場所によって費用設定が異なります。

法定費用は、自賠責保険料、重量税、印紙代にかかる費用で、車種により費用が決まっています。



できるだけ安い費用で車検を受けたいのが本音でしょう。そこで、お得に車検を通す方法を紹介します。



法定費用は先述したように車種により費用が決まっています。

内訳から見ると、自賠責保険は軽自動車、普通車、商用車の3つで保険料が変わります。重量税は自動車の重量によって費用が代わり、もちろん重量が大きい自動車ほど高くなります。印紙代は軽自動車、普通車・商用車で変わります。

法定費用は法律で定められている費用なので削ることはできません。

そのため、もしもできるだけ安い費用で受けたいと思うのなら削減するのは検査費用になるでしょう。



検査をしてくれる業者には、ディーラー、車検FC店、整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどがあります。検査費用も先述している通り、業者により費用設定が異なるので一概にいくらとは言えないのが現状ですが相場はあります。

ディーラーは40000円~100000円、FC店は25000円~80000円、整備工場は25000円~80000円、カー用品店は20000円~60000円 、ガソリンスタンドは2000円~60

次の記事へ