コラム

自動車の車検方法と必要書類

自動車を公道で使用するためには、自動車検査登録制度に基づいて自動車が保安基準に適合しているか否かを確認するために一定期間(基本的には2年毎)に国土交通省による検査を受ける必要があります。これが車検とよばれるものです。通常、同一の車両を続けて使用するために受ける継続検査のことを言います。車検を受ける方法には、整備指定工場を有するディーラーや整備業者に定期点検整備と検査を全て任せる方法と、所有者が自分で運輸局などに車両を持ち込んで継続検査を受けるユーザー車検などの方法があります。いずれの方法でも、継続検査の検査内容と必要書類は同じ内容となります。継続検査の検査内容については、前後ライト及び方向指示器の点灯確認や外観的検査(大きな傷やへこみの有無)などから始まり、継続検査ラインにおいての前後ブレーキと駐車ブレーキの検査、スピードメーターの検査、ヘッドライトの光軸検査、下回りの検査、そして排気ガスの検査と続きます。これらの検査は、あくまでも公道を走行するために必要な最低限の保安基準に適合しているかを確認するためのものでありますから、継続検査に合格したからといってその後2年間故障しないというわけではありません。



車検の帰り道に車が故障してしまうことも可能性としてはあるのです。ですから、製造後ある程度年数が経過している車両については検査と同時に整備を受けることが望ましいと言えます。ディーラーや整備工場などに検査及び整備を任せる場合には、これらの手続きを全て代行してくれますが、ユーザー車検の場合には、継続検査手続きの全てを自分で行わなければなりません。また、検査を受けることが可能なのは平日のみですから、時間的に余裕がある人でなければ不可能と言えます。そのため、多くの人が業者に継続検査手続きの代行を依頼しています。継続検査を受ける際の必要書類ですが、その時点で有効な検査証と自賠責保険証明書、自動車税証明書があげられます。もし検査証を紛失している場合には、継続検査を受けるまでに再発行を行う必要があります。また、自賠責保険については車検と同じ時期に更新が必要です。よって継続検査時に提出する自賠責保険証明書は、更新する前及び更新した後の証明書両方となります。自動車税証明書については、提出する必要が無い場合もありますが、提出しない場合でも納税は必須です(滞納している場合は継続検査を受けることが出来ません)。

次の記事へ