コラム

車検(自動車検査制度)について

車検(自動車検査制度)をする時には、インターネットで予約を取ってから店頭に出向くと時間やお金の節約になります。

たくさんの業者があるので、できるだけ低価格で安心して任せることが出来る場所を選びたいですね。

場合によっては値引きサービスを付けてもらえる時もあります。気になる業者が見つかれば、まずは電話をしてみましょう。

電話での対応でまずは、判断します。担当者に繋いでもらって、分からないことに関して何でも質問をぶつけてみてください。

余りにも商品の知識が乏しいようであれば、少し心配になります。

ただ安いだけでは意味がないので、検査の内容やサービスの充実度と価格が相応しいかどうかが大切です。

一番差が出やすいのは、点検です。

探す時には、いくつかの業者をリストアップしてからの方が効率が良いです。

一番大事なのが、見積の料金です。自身の愛車のメンテナンスの具合をしっかり伝えましょう。それでも、車検の専門的な内容になってくると適正な価格が分かりづらいです。

どうしても格安に抑えたい場合は、自分で書類の作成や検査を行うこともできます。

数千円~数万円の開きが出ます。

車検の途中で不具合が発生した場合に備えて、事前に無料で対応してもらえるのかどうかも確認しておきましょう。

後々のトラブル防止になります。

ガソリンスタンド車検は非常に手軽に利用できます。無料で代車を借りることができたり、洗車もしてもらえるので助かることも多いです。ガソリンスタンドなら、給油のついで一緒に車検が出来る手軽さなのですが、自動車検査制度には、有効期間があることを忘れずに期間内の検査をしてください。

ディーラー車検を使うメリットは、知識、経験、人材が幅広く揃っているので、安心感が高いことです。ディーラーに任せると、価格が高すぎると感じる方もいらっしゃるようですが、サービスの質の高さを考慮すると割高とは言えません。

値引きをする時のポイントは、利用者の少ない月始めや平日を狙う、車を工場まで自身で運ぶ、見積りの相談をしっかり確認する、予約特典を活用する等です。

値引きできることを前提に交渉してみましょう。

自動車検査制度は国土交通省が管理しています。内容を詳しく知ってからの方が、不要な心配をしなくて済みます。国が車の所有権を保証してくれる大事な制度ですので、内容や見積の確認は重要です。

ネットで費用の一括見積もりを確認することもできます。無料なので、試してみる価値があります。

次の記事へ