コラム

ユーザー車検とそのメリット

2年毎にやってくる自動車の車検は、大半の人が指定整備工場を有しているディーラーや整備工場などの業者に車検手続きの全てを依頼しています。しかし、時間の余裕さえあれば自分で車検を受けることも可能です。自分で陸運局または軽自動車検査協会に自動車を持ち込んで継続検査を受ける車検方法を『ユーザー車検』と呼びます。ユーザー車検のやり方としては、まずインターネット上にある国土交通省または軽自動車検査協会の予約システムで予約をすることから始まります。予約システムでは車両番号および車台番号の入力が必要となりますので、車検証を手元において予約を行います。継続検査受検の日時指定予約が完了しましたら、当日までに車検証、自賠責保険証明書、自動車税証明書または軽自動車税証明書といった車検時に必要となる書類を準備しておきます。当日は、予約した検査時間よりも1時間以上早めに陸運局周辺に到着するようにしましょう。なぜなら、継続検査のラインを通る前にテスター場にて予備検査を受検する必要があるからです。テスター場での予備検査は、いわゆる模擬検査であり本番の継続検査ラインと同じ内容の検査を受けることが出来ます。ここで異常が見つからなければ本番の継続検査でも合格しますし、異常が見つかった場合には予備検査場で整備を受けることも可能です。予備検査が完了したら陸運局あるいは軽自動車検査協会のユーザー車検窓口に必要書類と申請書を提出し、いよいよ本番の継続検査受検となります。継続検査ではヘッドライト及び方向指示器の点灯確認、タイヤ確認、ワイパーなどの動作確認から始まり、検査ライン上では前後ブレーキ及び駐車ブレーキの検査、ヘッドライトの光軸検査、下回り検査そして排気ガスの検査と続きます。ライン上での検査は予備検査で受検、確認済みですので、ほとんど合格すると考えていてもよいでしょう。ラインでの検査合格後は陸運局あるいは軽自動車検査協会の窓口で新しい自動車検査証とステッカーを受領し、ユーザー車検は完了となります。このユーザー車検の最大のメリットは業者に依頼するよりも費用が安いということにあります。ユーザー車検では、『自動車重量税』『検査手数料』『自賠責保険料』といったいわゆる法定費用(検査受検時に必ず必要となる費用)しか掛かりません。それ以外の手数料は一切不要なのです。ただでさえ車検費用は掛かりますので、少しでも費用を抑えたい場合に有効な手段となります。

次の記事へ