コラム

車検の必要性

点検の重要性



日本では車の産業がとても発達しています。東京都内では車の必要性を感じる方は少ないはずです。しかし、田舎などの地方では車は必需品なのです。車がなくては買い物に行くことができなかったり、仕事に行くことが困難になったりしてしまいます。地方では電車やバスが走っていない地域も数多くあります。電車やバスが運行していても、家から駅まで遠かったり、家からバス停まで遠かったりもするのです。そのように地域では車の必要性がとても高いのです。しかし、車は一種の危険でもあります。事故を引き起こす危険性もあります。今では自動に衝突を防いでくれる車も販売されていますが、しかし、それはまだ今の技術では十分ではありません。何故なら衝突を未然に防ぐにはスピード規制があったりするためです。テレビやラジオなどで車の交通事故のニュースが流れることがあります。そのほとんどは人為的なミスの場合が多いです。また、覚せい剤を使用して運転をし、歩道に乗り上げて走行してしまい、多くの人を轢いてしまうという卑劣な事件もあります。そのような人為的なミスとは対照的に、メンテナンスの不足で事故を起こしてしまうこともあります。今ではブレーキが利かないことなどはほぼありませんが、トラックのタイヤのネジが緩んでいて、走行中にそのネジが外れて、トラックのタイヤが飛んでしまい、他の車にあたってしまったというニュースもあります。車のメンテナンスはドライバーにとっても周囲の人にとってもとても大切なことなのです。これを怠るとこのような悲惨な事故につながってしまうこともあります。車の点検を怠ることは自分を大切にしていないということと同じなのです。確かに今の自動車は故障のリスクが大幅に減少しています。特に日本車においては壊れにくいことが有名です。それは企業努力の成果でもあります。しかし、自動車は機械なのでいつ何時何が起こるかわかりません。ある企業では自動車の不具合でリコールになってしまったりすることがあったり、エアーバックに不具合があったりしてリコールになるケースも少なくないのです。



点検



車で疎かになりがちな点検場所はタイヤです。タイヤがすり減っていると思わぬ事故を招く危険性があります。雨の日にタイヤと路面の間に水が入り込み、雨がゴムの機能性の邪魔をするため、とても危険なのです。滑ってしまったりする恐れがあります。また、バーストすることもあります。走行中にタイヤが破裂してしまうこともあります。それは一般の自動車道では少ない危険性しか伴わないかもしれませんが、高速自動車道の場合などは速い速度で走行をしているので、とても危険です。またエンジンルームを覗いて点検することも必要です。ウィンドウウォッシャー液の量を確認することはとても重要です。もしこの液がなかったら、フロントガラスの汚れを落とすことができなくなってしまうので、フロントガラスが汚れている場合、事故の危険性が増します。またブレーキ液の量のチェックをする必要もあります。ブレーキ・リザーバ・タンク内の液量が規定の範囲内であるかどうがを点検することがとても重要です。この点検を怠っているとブレーキが利かなくなるので、追突してしまったりする危険性が増大します。また、ブレーキ液の減り具合が著しい時はブレーキなどから液が漏れていることもあるので、その場合はすぐに自動車整備工場に車を運んだほうが良いです。また、バッテリー量を点検することも必要です。バッテリーの液量が規定の範囲内であるかどうかを点検します。この時に液の範囲がわかりづらい時は車を揺らして点検するようにします。この点検を怠っているとバッテリーがあがってエンジンがかからなくなることや、バッテリーが破裂してしまうことがあります。また、冷却水の量のチェックをします。ラジエータ・リザーバ・タンク内の冷却水の量が規定の範囲内であるかどうかの確認をします。この確認をすることでオーバーヒートの危険性を軽減することができます。また、冷却水の量が著しく減少している時はラジエータから冷却水が漏れている場合があるので、自動車整備工場に素早く運んだほうが良いのです。エンジンオイルの確認も怠ってはいけません。エンジンオイルの量がオイルのレベルゲージにより示された範囲内であるかどうかを点検します。この点検をすることにより燃費が悪くなることやエンジンの破損を防ぐことができます。このように自分の車を自分で点検することはとても重要なことです。車を運転する人は常日頃から点検の事を意識しておく必要があります。



車検



車検は自動車を運転する人であれば誰しもが受けなければなりません。車検を優位に進めるのはやはり、日頃からの点検をしているかどうかです。なるべく日頃から点検を行うようにし、車を安全に走行することが出来るように努める必要性があります。点検をすることで大幅に事故のリスクを軽減することが出来ます。

次の記事へ