コラム

スピード重視の人におすすめの軽自動車ユーザー車検

車検は行きつけのディーラーや整備工場に依頼する人が多いと思いますが、最近は代行業者に依頼する、という方法もあります。代行業者に依頼すると、実費のほかに代行手数料がかかりますが、必要な手続きをすべて代行してもらえますので楽です。ディーラーや整備工場に頼めばしっかりと点検、整備をしてくれますので安心感があります。

他にもユーザー自身で点検を行うユーザー車検という方法があります。しっかりと整備ができていることが前提になりますが、1日で終わりますので、スピードを重視する人にはおすすめです。普通車は陸運局に持ち込むことで受けられることがよく知られていますが、軽自動車は陸運局ではなく検査協会というところで受けます。納税先が普通自動車と軽自動車では異なりますので、検査を受ける場所も異なる、というわけです。

検査協会に持ち込む前に、事前予約が必要です。自動音声の電話か、インターネットで予約ができます。受付番号が付与されたら予約完了です。インターネットでも電話でも、空いている日が分かるようになっています。午前か午後を選ぶことになっており、空きがあれば前日に予約することもできます。但し、翌日に予約を入れる場合は、それまでに必要書類を揃えておきましょう。

必要書類は自家用車か事業用かによって異なりますが、自家用車で2年車検の場合、納税証明書と自賠責保険証書、あとは現金が必要です。今後2年間の自賠責保険料、重量税、手数料です。軽自動車の税金は少しずつ上がっていますが、それでも法定費用とわずかな手数料で受けられるユーザー車検は魅力です。ディーラーや整備工場では3倍ほどかかります。

この中で忘れやすいのは納税証明書です。軽自動車税をきちんと支払っていなければ車検を受けることも、乗り続けることもできません。普通車に比べると安いので、払っている人がほとんどだと思いますが、納税証明書を失くしてしまう人が結構多くいます。もしも手元になければ、市役所で再発行してもらわなければなりません。手間ですので、支払った後すぐに車内に積んでおくようにしましょう。現金が足りなくても検査を受けることはできませんので、念のため多めに持って行くようにしましょう。

これで準備は完了です。後は現地で記入する用紙などがありますが、それほど面倒ではありません。住所や車のナンバーなどを書くだけです。自分で運転していくなら当然持っているでしょうが、免許証も必要ですので忘れないようにしてください。

次の記事へ