コラム

軽車検費用と車検の流れについて

軽自動車の車検期限は普通車同様に2年毎に切れてしまいます。車検切れの状態の軽自動車を公道で使用することは法律によって禁じられています。よって車検が切れてしまう前に継続検査を受けなければ継続して使用することは不可能なのです。軽自動車の車検も普通車ほどではありませんが多くの費用が掛かります。軽車検費用を二つにわけると、どのような手段で車検を受けても必ず必要となる法定費用とディーラーや整備工場などの業者に車検手続きを依頼した場合、業者に対して支払う手数料(車検基本料)の二つに分かれます。まず法定費用に関してですが、自動車重量税と自賠責保険料、そして検査手数料の三種類があげられます。自動車重量税は車検証の交付を受ける際に納めなければならない税金です。その額は車種によって細かく定められていますが、軽自動車の場合であれば2500円から7600円となっています。納税方法については自動車重量税印紙を購入し、継続検査を受ける際に指定の納付書に貼りつけて提出する方法となっています。自賠責保険料は、強制加入である自賠責保険の保険料です。車検時期と自賠責保険更新時期は重なりますので、同じ時期に保険料を支払い契約を更新する必要があります。検査手数料については指定整備工場で整備、検査を受けて保安基準適合証が発行されている場合には1100円。



それ以外は1400円となっています。以上が軽車検費用における法定費用となっています。これ以外にも軽自動車税の納付が車検の必要条件となっています。軽車検費用のうち、業者に支払う手数料(車検基本料)については業者により金額は異なりますが、おおよその相場は10000円から15000円と言えるでしょう。車検を受ける業者を比較する場合には、この車検基本料を基準にしていきます。もし自分で車検を受ける場合(ユーザー車検)には、法定費用のみの支出となり、車検基本料は必要ありません。軽自動車車検の流れとしては、業者にお願いするかユーザー車検で受けるかの選択から始まります。業者にお願いする場合には必要書類と車両を業者に預けるだけで車検を受けることが可能です。ユーザー車検の場合には車検に関する手続きの一切を自分で行う必要があります。まずインターネット上の予約システムで車検予約を行い、当日までに必要書類を揃えなければなりません。当日はテスター場において予備検査を受けてから軽自動車検査協会に車両を持ち込んで継続検査を受けます。継続検査に合格すれば新しい車検証とステッカーが交付されて車検完了となります。なお、軽自動車検査協会で継続検査を受けられるのは平日のみとなっていますので注意が必要です。

次の記事へ