コラム

早くて安い車検を利用する方法と一連の流れ

現在では車検を受ける場面では、古い時代とは異なって進化をしている検査を受ける方法が用意されています。以前は安くて早い方法として、ユーザー車検が推奨されていた時代背景がありますが、この方法は確かに安く済ませることができますが、肝心な自動車の整備点検全般を行うことができないために、後に不具合が発生してしまうことも目立ちます。



早くて安い車検の方法は現在では優れた整備工場が存在していて、代行手数料や諸経費などを一切省いた状態でどのような車種であっても一律13000円にて検査を行うことを可能にしています。費用に関しては必ず必要とされる重量税や保険料、印紙代などは必要とされるものの、かなりの低料金にて検査を済ませることができる内容です。

実際に利用することを希望している方ならば、一連の流れを把握することが必要になり、まずはインターネットから該当する整備工場のホームページにアクセスする方法で、インターネットから予約を行う方法と電話をかけて予約を行う方法に分けることができます。この時点で予約日を確定することができるので、約束通りの時間までに整備工場に持ち込みを行うことが求められています。



ディーラーなどを利用した場合では、一般的には数日間の検査日程が必要とされていて、代車が貸し出されることも多い傾向にあります。しかし、早くて安い車検の整備工場であれば、最短として45分間にて作業を終了させることができるので、代車を必要とせずに、終了後には直ぐに自動車に乗って帰宅できるメリットがあります。

安い理由には整備工場で培ったノウハウというものがあり、まずは予約制を行っていることで、多くの車両を一気に検査できるシステムがあります。また、検査に特化しているラインを設けており、優れた整備士と検査員の2名が1組になってスムーズに作業を進める方法で、短時間での作業を成功させています。

独自のコンピューターシステムも用意されているので、細かい部分にまで検査結果を表示させることもでき、利用者の立ち合いで検査結果など全般をその場で報告できるシステムも整っていることで、万が一のトラブルに対しても柔軟な対応をとることができます。

効率の良さと余計なコストをできるだけ排除したことによって、安い車検を実現していることになり、例えば利用者が自ら持ち込みを行って、持ち帰りを済ませる方法で、余計な時間や人件費をカットさせることもでき、専門店故のメリットとして挙げることができます。

車検の流れの中には、消耗品に分類されるような部品の交換タイミングなどを把握できる環境も用意されているので、利用者は自動車の状態を十分に把握することができ、無駄を省いて必要に応じてパーツ交換を依頼できるメリットもあります。

次の記事へ