コラム

車検の予約の流れや方法

2年に1度の車検は自動車に乗っている人なら誰でも当然行なわなくてはいけません。けれども、あまり自動車には詳しくない人やこれからが初めてだというときにはどんな風にすればいいのかも分からない事も多いです。前はどんな風にしたのかと思い出すのもようやくだという事もあるでしょう。いつでも好きな時にディーラーや民間工場に持ち込めるわけではないので、まずは予約をするところから始めなくてはいけないのです。



大まかな流れとしても、見積を取るために作業の依頼を検討している所に自動車を持ち込む予約をします。当日に自動車の状態を見てもらってどれぐらい車検費用がかかるのか確認して、納得ができれば今度は作業をしてもらう日程を予約します。当日には代車と自動車を交換して、出来上がりの日に自動車を受け取って代金も支払ってというような流れになります。



予約も今はお店に直接電話をするだけではなくて、インターネットを利用してそちらから問い合わせなどもできるようになっています。日中にお店に電話をするのが難しいという人は、そちらを利用して大まかでも日程を調整するなどすればいいでしょう。自動車に乗る以上は車検に出さないという選択肢はあり得ません。有効期限が切れる一ヶ月前から出す事は出来ますので、余裕を持たせてなるべく早めにスケジュールを組んでお店と相談をするようにしましょう。



今はディーラーや販売店などを利用するだけでなく、ガソリンスタンドやカー用品販売店や代行、専門店などいろんなお店がありますので、自分の好きな場所に依頼をすることができます。しっかりとした整備をしてもらいたいのか、価格を重視してとにかく値段を抑えたいのか、どんな車検をしてもらいたいかを考えながら依頼する先を決めていきましょう。



価格重視であれば見積もりもインターネットを利用して複数のお店に一括で見積を取ることなどもできます。実車を見ていないためあくまで概算にはなりますが、それでも自分の自動車を作業に出した時にどれぐらいかかりそうなのかが分かれば、予算なども考えて準備もしやすいです。出す所を考えて日程も決まれば、後は必要な書類の確認をして当日に遅刻をしないように自動車を持ち込むようにしましょう。分からない事があれば予約の時などに聞いておくようにすれば、準備のし忘れなども防ぐことができますので、自分の自動車に長く乗るために忘れずに車検に出すようにしましょう。

次の記事へ